ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。高騰の理由として、ビットコインの難易度調整が挙げられています。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。ビットコインキャッシュは11月から高騰が続いており、12日には一時的に30万円台を記録しました。その後は10万円台前半で推移していましたが、22日に再度高騰を始めました。

高騰の理由はビットコインの難易度調整?

高騰の理由として挙げられているのが、11月25日に予定されているビットコインの難易度調整です。難易度調整とはマイニングに関することです。ビットコインのブロック生成は平均して10分に1回になるように調整されますが、その調整は2週間に1度行われます。過去2週間の平均が10分より短ければ難易度を上げ、長ければ難易度を下げます。

この難易度調整において、ビットコインの採掘難易度が上がると想定されており、マイナーがビットコインキャッシュに流れると考えられているわけです。

マイナーが相場を決めるわけではない

注意すべきはマイナーが相場を決めるわけではないことです。価格を決めるのは需要と供給であり、こうした出来事によって需要と供給がどう変化するのかを考えることが重要になります。上昇したから買う、下落したから売るでは、対応が後手後手になってしまいます。こうした情報を素早くキャッチし、需要と供給がどう動くのかを予測してみてはいかがでしょうか。

ビットコインキャッシュを扱う取引所

ビットコインキャッシュは国内取引所のほぼ全てで取引することが可能です。ただ、「販売所」のみで提供する取引所と「取引所取引」のみで提供する取引所に分かれているので、取引目的に応じて使い分けるのがいいでしょう。販売所は同一レートで約定するため数十万~数百万など大口取引に向いています。ただ、スプレッドが大きい傾向があるため、短期トレードで利益を出すのは難しいです。取引所取引は大口だと複数レートで約定してしまう可能性が高いですが、スプレッドは小さいため短期でも利益を出しやすいです。

販売所で提供しているのがcoincheckやGMOコイン、取引所取引で提供しているのがbitFlyerやZaifになります。bitFlyerは販売所で売買も可能です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

GMOコインの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaifの詳細はこちら

ビットコインキャッシュとビットコイン相場

ビットコインキャッシュが18万円台まで高騰しました。ビットコインはやや下落し90万円台で推移しています。最近はビットコインキャッシュが上昇するとビットコインが下落、ビットコインキャッシュが下落するとビットコインが上昇するといった動きが見られ、両者の相場を比較するのも面白いかもしれません。

関連するキーワード


Bitcoin Cash

関連する投稿


ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュの開発チームはソフトウェア「Bitcoin ABC」の開発ロードマップを発表しました。ロードマップによると、2018年に2回のハードフォークが予定されており、相場含め注目を集めることになりそうです。


ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)は世界中の仮想通貨取引所で取引することができます。ビットコインは日本円や米ドルの取引量が多いですが、ビットコインキャッシュはどうなのでしょうか。データを見ると、韓国ウォンが存在感を発揮していることがわかります。


ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

SegWit2xのハードフォークが中断されビットコインキャッシュ(BCH)の注目度が高まっています。価格は数日で4倍~5倍程まで伸びました。ビットコインキャッシュは国内複数の取引所が扱っており、手数料、スプレッドなどお得な取引所を比較して紹介します。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。過去最高価格を更新

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。過去最高価格を更新

2017年11月10日~11日にかけてビットコインキャッシュ(BCH)価格が高騰しています。価格は一時12万円まで上昇し、過去最高価格を更新しました。SegWit2xハードフォークの中止、13日に予定されるハードフォーク、マイナーの移動などさまざまな理由が考えられます。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。SegWit2xへのリスクヘッジか

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。SegWit2xへのリスクヘッジか

10月28日~29日にかけてビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。取引所によっては一時6万円を超え、時価総額もリップルを抜いて3位に浮上しました。SegWit2x(B2X)のハードフォークに対するリスクヘッジの可能性が高そうです。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin