GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。11月29日の定期メンテナンス明けより、取引できるようになる予定です。定期メンテナンスは以下に日時に実施されます。

・2017年11月29日(水) 15:00-16:00

リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定で、キャンペーンの詳細については、メンテナンス後にGMOコイン公式サイトにて案内があります。

GMOコインはリップルで5通貨目の取り扱い

GMOコインは既に取引ができるビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインにリップルが加わることで、計5種類の仮想通貨取引ができるようになります。さらに12月にはイーサリアムクラシックの取り扱いも予定されています。

リップルを取り扱う取引所

リップルは日本でもメジャーな仮想通貨ですが、国内取引所での扱いはそれ程多くありません。現在扱っているのは、coincheckとbitbank.ccです。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次ぐ時価総額4位の仮想通貨なので、今後国内取引所の取り扱いは増えていきそうです。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

GMOコインの特徴

GMOコインは東証一部に上場するGMOインターネットグループの会社です。インターネットインフラ事業や金融事業など幅広く展開しています。FX取引を提供するGMOクリック証券はFX取引で世界一の規模を誇ります。

GMOコインは他の仮想通貨取引所と違い、相対取引で全てのサービスを提供しています。取引所は激しく板が動いていて画面の見方や使い方がわかりにくいといったことがありますが、GMOコインはシンプルでわかりやすい2Wayプライスで初めての方でも利用しやすいでしょう。相対取引は500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立するので、自分の意図した価格で取引したい方や大口取引をしたい方に向いています。

相対取引だとスプレッドが大きく短期で利益を出しづらい印象がありますが、GMOコインはスプレッドが小さく、短期売買でも利益を出しやすいと言えます。仮想通貨FX専用アプリなどもあり、レバレッジ取引の利用者が多いことでも知られています。

GMOコインの詳細はこちら

キャンペーン内容などに注目

GMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。キャンペーンも開催される予定なので、リップル取引を考えている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


GMOコイン リップル

関連する投稿


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin