GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。11月29日の定期メンテナンス明けより、取引できるようになる予定です。定期メンテナンスは以下に日時に実施されます。

・2017年11月29日(水) 15:00-16:00

リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定で、キャンペーンの詳細については、メンテナンス後にGMOコイン公式サイトにて案内があります。

GMOコインはリップルで5通貨目の取り扱い

GMOコインは既に取引ができるビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインにリップルが加わることで、計5種類の仮想通貨取引ができるようになります。さらに12月にはイーサリアムクラシックの取り扱いも予定されています。

リップルを取り扱う取引所

リップルは日本でもメジャーな仮想通貨ですが、国内取引所での扱いはそれ程多くありません。現在扱っているのは、coincheckとbitbank.ccです。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次ぐ時価総額4位の仮想通貨なので、今後国内取引所の取り扱いは増えていきそうです。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

GMOコインの特徴

GMOコインは東証一部に上場するGMOインターネットグループの会社です。インターネットインフラ事業や金融事業など幅広く展開しています。FX取引を提供するGMOクリック証券はFX取引で世界一の規模を誇ります。

GMOコインは他の仮想通貨取引所と違い、相対取引で全てのサービスを提供しています。取引所は激しく板が動いていて画面の見方や使い方がわかりにくいといったことがありますが、GMOコインはシンプルでわかりやすい2Wayプライスで初めての方でも利用しやすいでしょう。相対取引は500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立するので、自分の意図した価格で取引したい方や大口取引をしたい方に向いています。

相対取引だとスプレッドが大きく短期で利益を出しづらい印象がありますが、GMOコインはスプレッドが小さく、短期売買でも利益を出しやすいと言えます。仮想通貨FX専用アプリなどもあり、レバレッジ取引の利用者が多いことでも知られています。

GMOコインの詳細はこちら

キャンペーン内容などに注目

GMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。キャンペーンも開催される予定なので、リップル取引を考えている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


GMOコイン リップル

関連する投稿


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で