COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。配布は2017年11月30日、Zaif取引所での取引開始は2017年12月4日に予定されています。


COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。COMSAはNEMプロトコルと、Etheremのスマート・コントラクトを活用し非中央集権化されたアプリケーションを開発することによって、相互代替性を実現するソリューションで、CMSトークンも「CMS:XEM」と「CMS:ETH」の2種類が発行されます。トークンを購入した方は、CMS:XEMまたはCMS:ETHのいずれかを選択することになります。

受取用アドレス登録方法

ここではCMSトークンをZaif取引所で受け取る方法について紹介します。まず、zaifにログインし、メニューの「入出金と履歴画面」から、「MOSAIC」または「ERC20」を選択し、トークンの入金アドレスを取得します。

その後、COMSAダッシュボードにログインして、受取り先(zaifアカウント)と、トークンの種類(MOSAICまたはERC20)を指定します。

最後に、COMSAダッシュボードにZaifで取得した入金アドレスを入力設定し、「CMSトークンを受け取る」ボタンを押下すると、zaifアカウントにCMSトークンが送信されます。

CMSトークンの配布開始は11月30日に予定

CMSトークンの配布開始は11月30日に予定されています。30日までは「CMSトークンを受け取る」ボタンは押すことができず、アドレスを登録するまでです。CMS配布開始後に、「CMSトークンを受け取る」ボタンが押下できるようになり、CMSトークンを受け取る流れとなります。

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引開始は12月4日

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引は、12月4日から開始される予定です。早く取引したいと考えている方は、早めに入金アドレスを登録して30日~4日までの間にCMSトークンを受け取るのがいいでしょう。

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」で違いは出るのか

取引が始まってみないことにはわかりませんが、「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」と2つのペアで取引が可能になるため、多少価格差が生じることもあるかもしれません。CMSトークンの上場と合わせて、2ペアの価格がどのように動くのかにも注目が集まりそうです。

Zaifの詳細はこちら

関連するキーワード


COMSA Zaif

関連する投稿


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

仮想通貨取引所のZaifは、2018年2月9日(金)17:00よりクレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止しました。クレジットカード会社からの要請があり対応したようです。


テックビューロ、COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化

テックビューロ、COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化

Zaif取引所などを運営するテックビューロ株式会社は、総合ICOプラットフォーム「COMSA(コムサ)」を仮想通貨交換業ライセンスのもとでのビジネスとして運用するべく、態勢整備の強化に着手したことを発表しました。


仮想通貨取引所の「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所の「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所のZaifは、コインチェックで仮想通貨盗難事故が発生したことを受け、セキュリティ体制を円滑化・強化するために、新しいセキュリティ体制を整備することを発表しました。従来は管理部と開発部によってセキュリティ対策を実施していましたが、改めて社内にセキュリティ対策室を設置します。


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で