COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。配布は2017年11月30日、Zaif取引所での取引開始は2017年12月4日に予定されています。


COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。COMSAはNEMプロトコルと、Etheremのスマート・コントラクトを活用し非中央集権化されたアプリケーションを開発することによって、相互代替性を実現するソリューションで、CMSトークンも「CMS:XEM」と「CMS:ETH」の2種類が発行されます。トークンを購入した方は、CMS:XEMまたはCMS:ETHのいずれかを選択することになります。

受取用アドレス登録方法

ここではCMSトークンをZaif取引所で受け取る方法について紹介します。まず、zaifにログインし、メニューの「入出金と履歴画面」から、「MOSAIC」または「ERC20」を選択し、トークンの入金アドレスを取得します。

その後、COMSAダッシュボードにログインして、受取り先(zaifアカウント)と、トークンの種類(MOSAICまたはERC20)を指定します。

最後に、COMSAダッシュボードにZaifで取得した入金アドレスを入力設定し、「CMSトークンを受け取る」ボタンを押下すると、zaifアカウントにCMSトークンが送信されます。

CMSトークンの配布開始は11月30日に予定

CMSトークンの配布開始は11月30日に予定されています。30日までは「CMSトークンを受け取る」ボタンは押すことができず、アドレスを登録するまでです。CMS配布開始後に、「CMSトークンを受け取る」ボタンが押下できるようになり、CMSトークンを受け取る流れとなります。

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引開始は12月4日

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引は、12月4日から開始される予定です。早く取引したいと考えている方は、早めに入金アドレスを登録して30日~4日までの間にCMSトークンを受け取るのがいいでしょう。

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」で違いは出るのか

取引が始まってみないことにはわかりませんが、「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」と2つのペアで取引が可能になるため、多少価格差が生じることもあるかもしれません。CMSトークンの上場と合わせて、2ペアの価格がどのように動くのかにも注目が集まりそうです。

Zaifの詳細はこちら

関連するキーワード


COMSA Zaif

関連する投稿


COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

12月4日、ICOを経たCOMSAのCMSトークンがZaif取引所に上場しました。取引開始直後は高騰する場面もありましたが、現在は落ち着きICO価格とほぼ変わらない価格で取引がされています。CMSトークンのZaifでの売買方法を紹介します。


COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

ICOプラットフォームCOMSAが、CMSトークン受取用アドレスの登録や配布に関するアナウンスを行いました。11月27日にCMSトークン受取用アドレスの登録が開始される予定で、11月30日からCMSトークンの配布が開始される予定です。


仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。Zaifの魅力、特徴、評判などを紹介します。


COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

ICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年11月6日に終了しました。総額で約110億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。COMSAのCMSトークンの配布方法や仮想通貨取引所Zaifでの扱いについて紹介します。


テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

ICOソリューション「COMSA」や仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする8,750万円の資金調達を実施しました。銀行から直接投資を受けた日本初の仮想通貨取引所となります。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin