ICOと仮想通貨相場の関係

ICOと仮想通貨相場の関係

Initial Coin Offering=ICOが注目されています。ICOは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。短期間で数十億円や数百億円を集めるプロジェクトも存在していますが、仮想通貨相場との関係性は見逃すことができません。


ICOの概要や特徴

ICOはInitial Coin Offeringの略で、独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらう資金調達方法です。資金を調達するプロジェクトにとっては、従来の資金調達方法よりも手間やコストがかからず、比較的大きな金額を調達できる可能性がある点がメリットになります。資金を拠出する側にとっては、購入したトークンが取引所に上場して価格次第で利益を得られる可能性がある点がメリットになります。

短期間で数十億~数百億円調達するプロジェクトも

ICOを実施するプロジェクトの中には、短期間で数十億~数百億円調達するプロジェクトも存在します。ベンチャー企業がこの金額を調達するには、既にプロダクトが完成し利用や導入が進んでおり将来も有望視されている必要がありますが、ICOではプロダクト開発がこれからの場合がほとんどです。にも関わらず、ここまで大きな金額が調達できるわけですが、要因の一つとして仮想通貨相場の高騰があります。

ICOと仮想通貨相場の関係

ご存知の通り、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨相場は高騰を続けています。ビットコインは100万円の大台を突破し、年初から約10倍の価格上昇を記録しました。この仮想通貨相場の高騰は、ICOで巨額の資金を調達する一助になっています。利益の出ている仮想通貨の一部であれば、ハイリスクなICOであっても資金を出すことへの抵抗は薄れます。仮に仮想通貨相場が下落し、多くの投資家が含み損を抱えている状況になれば、今よりも資金調達は難しくなるでしょう。

カネ余りの状況下で資金調達の民主化が実現した

仮に仮想通貨相場が下落してもICOはなくならず、資金が全く集まらなくなる状況にはならないでしょう。ICOは資金調達の民主化とも言われ、これまでベンチャー企業や有望なプロジェクトへの資金拠出手段を持たなかった一般の方が中心です。事実、数千円~数万円単位の小口購入も多くなっています。世界的にカネ余りの状況は続いており、資金調達の民主化が実現したことで多くの資金が集まっている点も見逃せません。

ICO参加は仮想通貨投資よりもハイリスク

ICOは上場後の価格上昇による利益を目的に参加している場合が多いと思いますが、上場するとも限りませんし、上場後にICO時の価格を上回る保証はありません。購入したトークンが0円になる可能性が十分あることを認識して参加の検討をしてください。仮想通貨投資で得た利益の一部を回すなどが現実的ではないでしょうか。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区)は、2017年11月15日12:00〜11月30日11:59の期間中、AMPLE!コイン(ACO)のプレセールを開始します。12月5日からスタートするトークンセール時の約2/3の価格でACOを購入することができます。


金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

ICO(Initial Coin Offering)に関しては各国の規制当局が詐欺などの注意喚起を行っていますが、日本の金融庁からも10月27日に注意喚起が出されました。規制に関する内容にも触れられています。


ICO参加は長期的な視点も重要

ICO参加は長期的な視点も重要

ICOはInitial coin offeringの略で、実施する企業やプロジェクトが独自トークンを発行して世界中の人からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で出資をしてもらう仕組みです。ICOは上場後すぐに売り抜けることを考えがちですが、今後は長期的視点も重要になってくるでしょう。


COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO(トークンセール)は10月2日~11月6日まで開催されています。10月27日現在、調達額は約8,700万ドル相当に達し、100億円規模になりました。ICO史上トップ10に入る調達規模であり、注目度の高さが伺えます。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin