サイバーエージェントがセレスへ出資。サイバーエージェントビットコインに新しい展開も

サイバーエージェントがセレスへ出資。サイバーエージェントビットコインに新しい展開も

株式会社サイバーエージェントは仮想通貨関連企業である株式会社セレスの第三者割当増資の引受による出資を発表しました。セレスはスマートフォンにおけるインターネットメディア事業を展開する一方、bitbank.ccを運営するビットバンク株式会社を持分法関連会社化するなど仮想通貨領域で数多くの事業投資やM&Aを行っています。


サイバーエージェントがセレスへ出資

株式会社サイバーエージェントは仮想通貨関連企業である株式会社セレスの第三者割当増資の引受による出資を発表しました。セレスはスマートフォンにおけるインターネットメディア事業を展開する一方、bitbank.ccを運営するビットバンク株式会社を持分法関連会社化、株式会社bitFlyerとの業務提携、コインチェック株式会社への出資など仮想通貨領域で数多くの事業投資やM&Aを行っています。また、セレス自身でも、仮想通貨取引事業や仮想通貨マイニングを行う子会社として株式会社マーキュリーを設立するなど積極的な展開をしています。

セレスの仮想通貨関連領域への投資内容

サイバーエージェントは子会社サイバーエージェントビットコインを設立

サイバーエージェントは国内で有数のIT企業として知られていますが、2017年10月に仮想通貨取引事業を行う新子会社として株式会社サイバーエージェントビットコイン(CAビットコイン)を設立しました。サイバーエージェントはFX事業でも実績があり、大きな話題になりました。CAビットコインは、2018年春の仮想通貨取引所の新規運営開始を目指しています。

ビットバンクが提供する「bitbank for broker」を利用

CAビットコインはビットバンクが提供する仮想通貨取引所の新規参入事業者向けホワイトラベル提供サービス「bitbank for broker」を採用することを決定したようです。取引所のシステムをゼロから開発するとなると、結構な資金が必要になることに加え、ある程度の流動性がないと取引所として機能しません。新規参入事業者は、こうした既存事業者が提供するホワイトラベルを採用するケースが多くなっています。

ビットバンクは仮想通貨取引所bitbank.ccを運営する企業で、サイバーエージェントが出資するセレスの持分法関連会社にあたります。

サイバーエージェントが仮想通貨市場に本格参入

サイバーエージェントがセレスに出資したことで、本格的に仮想通貨市場へ参入しました。仮想通貨市場には大手企業が続々と参入しており、今後競争がより激しくなりそうです。

最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin