VALU、千葉功太郎氏を引受先とする第三者割当増資を実施

VALU、千葉功太郎氏を引受先とする第三者割当増資を実施

なりたいものや、やりたいことを実現するために継続的な支援を募ることができるSNSとして、2017年5月31日にβ版がローンチされたVALU。開始半年で8万ユーザーを超えるプラットフォームに成長し、さらなる成長に向けて、個人投資家の千葉功太郎氏を引受先とする、第三者割当増資を実施しました。


VALU、千葉功太郎氏を引受先とする第三者割当増資を実施

なりたいものや、やりたいことを実現するために継続的な支援を募ることができるSNSとして、2017年5月31日にβ版がローンチされたVALU。開始半年で8万ユーザーを超えるプラットフォームに成長し、さらなる成長に向けて、個人投資家の千葉功太郎氏を引受先とする、第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達により、サービスのアプリ化およびグローバル展開にむけた開発・運用体制の強化を進め、VALUをより多くのユーザーに使っていただけるプラットフォームに育てていく方針のようです。なおアプリローンチは2018年春、グローバル展開は2018年内を目指しているようです。

千葉功太郎について

千葉氏はスマートフォンゲームで有名な株式会社コロプラの元代表で、現在は株式会社The Ryokan TokyoのCEO、国内外インターネット業界のエンジェル投資家と幅広く活動しています。「COMSA」のプレセールに100万USドル相当のビットコインを直接投資したことでも話題になりました。

「VALU」について

VALUは、ブロックチェーンテクノロジーを使って、個人の価値をシェア・トレード可能にし、なりたいものや、やりたいことがある個人が継続的な支援を募ることができるプラットフォームです。個人が株式会社のように「VA」とよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができます。VAの取引は全てビットコインを用いて行われます。

YouTuberによる騒動も

VALUは2017年8月にYouTuberのヒカル氏などがVAを大量売却し、保有していたユーザーが損失を被る騒動が起きました。この騒動後売却できるVA数を制限し、投機目的ではなく、ユーザー間のコミュニケーションを促進するための場として運営しているといいます。実際、投機ではないコミュニケーションができつつあるようです。

自分株式の取引サービス「VALU」が千葉功太郎氏より数千万円調達、投機でない支援のためのSNSを目指す | TechCrunch Japan

http://jp.techcrunch.com/2017/12/05/valu-fundraising/

模擬株式で自分の価値を取引できる「VALU」は本日、個人投資家の千葉功太郎氏を引受先とする第三者割当増資を実施した。金額は非公開だが、VALUの広報担当者によると数千万円規模という。 VALUは2017年5月31日にベータ版をローンチ。ローンチ当初、自分の価値が「時価総額」として数値化され、自身が発行する模擬..

VALUの今後に注目

VALUは今回の資金調達により、サービスのアプリ化およびグローバル展開にむけた開発・運用体制の強化を進めます。VALUは個人が模擬株式を発行できる世界にも類のないプラットフォームであり、今後注目され続けるのは間違いないでしょう。

最新の投稿


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

12月12日の仮想通貨相場はライトコインが高騰しました。前日1.8万円~1.9万円前後だった価格は2万円を突破し、一気に2.8万円台まで高騰しています。3万円に迫る勢いです。他の仮想通貨も好調な推移となっています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin