仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーンゲームという言葉を聞く機会が少しずつ増えてきました。最近では、国内のゲーム会社もブロックチェーンゲームへと進出を始めています。では、ブロックチェーンゲームとは何なのでしょうか。特徴や従来のソーシャルゲームとの違いを中心に紹介します。

目次

  • ブロックチェーンゲームとは
  • 従来のゲームとの違い
  • ブロックチェーンゲームは成長市場

ブロックチェーンゲームとは

ブロックチェーンゲームとは一言でいえば、ブロックチェーン上に構築されたゲームのことです。ブロックチェーンは、仮想通貨の根幹をなす技術です。仮想通貨では取引記録が分散台帳に保管されるわけですが、ブロックチェーンゲームにおいてはゲーム内のキャラクターやアイテムなどが分散台帳に保管されることになります。

現状、ブロックチェーンゲームのほとんどは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されています。よくDapps(分散型アプリケーション)という言葉を耳にすると思いますが、ブロックチェーンゲームもDappsの一つの種類です。

従来のゲームとの違い

ここではソーシャルゲームを例に出し、ブロックチェーンゲームとの違いを考えてみます。ソーシャルゲームはパズドラやモンストなどさまざまなゲームがありますが、何か自分がプレイしているゲームをイメージするのがわかりやすいです。

ブロックチェーンゲームと従来のゲーム最大の違いと言えるのが、ゲームのキャラクターやアイテムがブロックチェーンに保管されていることです。従来のゲームは提供する企業のサーバに保管されています。極端な話、運営元がゲームの提供をやめたり破綻したりすれば、これまで課金などにより手に入れたキャラクターやアイテムは失われてしまいます。しかし、ブロックチェーンゲームはブロックチェーンに保管されているため、失われることはないですし改ざんもできません。

取引も可能

ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムは自由に取引することも可能です。ブロックチェーンゲームのほとんどはイーサリアム上で構築されているため、イーサリアムで取引することが基本になります。また、実質的に異なるゲーム間で取引も可能です。例えば、ブロックチェーンゲームAで手に入れた剣を売却して、手に入れたイーサリアムでブロックチェーンゲームBのアイテムを購入できます。これは従来のゲームではできなかったことです。

透明性がある

また、ソーシャルゲームでは、いわゆるガチャと呼ばれる機能があります。一般的にレアアイテムの出現比率などは公開されていますが、本当にその比率かどうかを確かめる術はありません。ブロックチェーンゲームスマートコントラクトにより決められたプログラムを動作させることができます。プログラムの内容は公開されており、非常に透明性が高いと言えるでしょう。

ブロックチェーンゲームは成長市場

現在、ブロックチェーンゲームをプレイしている人は少数ですが、今後間違いなく成長をしていくでしょう。日本のゲーム会社も開発を始めており、来年あたりにはちょっとしたブームを形成している可能性もあります。日本のゲーム会社が提供する予定のブロックチェーンゲームは、イーサリアムが手元になくても始められるようになっており、試しに遊んでみてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧