仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンは、大きくパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンに分けられます。パブリックブロックチェーンが誰でも利用できるのに対して、プライベートブロックチェーンは1つの組織で管理できる特徴があります。

目次

  • ブロックチェーンについて
  • プライベートブロックチェーンの概要
  • 単なる分散型データベースではない
  • ブロックチェーンにも種類がある

ブロックチェーンについて


ブロックチェーンは仮想通貨を支える技術です。分散型台帳技術とも言われ、ブロックと呼ばれるデータを一定時間ごとに生成し、チェーンのように連結していくことによりデータを保管するデータベースになります。データは一つの場所に保存されるのではなく、ネットワークに参加しているコンピュータに分散され保存されています。そしてブロックチェーンは誰でも利用できるビットコインなどのパブリックブロックチェーンと1つの組織で管理できるプライベートブロックチェーンがあります。

プライベートブロックチェーンの概要


プライベートブロックチェーンは金融機関や一般企業など特定の組織において利用が進んでいます。仮想通貨以外の分野でも利用が進んでおり、応用分野は多岐にわたります。貨幣以外の価値を取引可能にできたり、二重取引や改ざんのリスクを軽減できたり、セキュリティやコストパフォーマンスを高めたりすることが可能です。そしてプライベートブロックチェーンは承認者が少なくて済み、取引承認のインセンティブが不要などのメリットがあります。

コンソーシアムブロックチェーン

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン以外にコンソーシアムブロックチェーンと呼ばれるものがあります。コンソーシアムが「協会」などの意味を持つことからもわかりますが、加入している組織や団体のみが使えるブロックチェーンのことです。複数の金融機関で、共通のブロックチェーンを運用するなどの事例が出てきていますが、これがコンソーシアムブロックチェーンにあたります。プライベートもコンソーシアムも管理主体が存在し、ブロックチェーン本来の特性は失われているという指摘もありますが、その分合意形成に関する証明が厳格である必要はありません。

単なる分散型データベースではない


プライベートブロックチェーンは分散型データベースのように言われることも多いですが、分散型データベースに取引情報を記録する機能はありません。分散型データベースはあくまで処理スピードを早めたりデータの消失リスクを軽減したりするために使われるものです。プライベートブロックチェーンには、貨幣以外の価値を取引可能にできたりする特徴があり、分散型データベースのように使用するだけでは本来の特徴を発揮できません。

ブロックチェーンにも種類がある

最近は金融機関を中心に企業のブロックチェーン利用が進んでいますが、パブリックブロックチェーンを利用することは少なく、プライベートやコンソーシアムブロックチェーンが利用されます。中央管理者が存在する仕組みですが、合意形成に関する証明が厳格である必要はなく合意形成にかかる時間も短くできます。当然仕様変更もスムーズに行うことができ、ビットコインのような対立が生じることもありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧