仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインはブロックチェーン技術を中心とした安全性の高いシステムに支えられています。ブロックチェーンとともに注目されているのがProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)というシステムです。Proof of Workはビットコインの偽造を防ぐための技術で、実質改ざん不可能な仕組みを作り上げています。

目次

  • 技術に支えられるビットコイン
  • ビットコインの偽造を防ぐ技術「Proof of Work」
  • Proof of Workのデメリット
  • Proof of work以外の仕組み
  • Proof of Workがわかればアルトコインの特徴がわかる

技術に支えられるビットコイン

ビットコインはブロックチェーンを中心とした最新技術に支えられています。技術力によって信頼が生まれ高い評価に繋がっている側面があります。ブロックチェーンは分散型台帳管理技術で、不特定多数のコンピューターに取引台帳が記録されますが、ビットコインのやり取りにはP2P(peer-to-peer)という技術が使われています。ネットワークに接続されたコンピューター同士でデータのやり取りが可能な仕組みです。P2Pにより特定の管理者を置くことなく運営ができているのです。しかし、P2Pではデータの整合性をとることが難しくなっています。そこで登場するのがProof of Workです。

ビットコインの偽造を防ぐ技術「Proof of Work」

Proof of Workとは取引を承認するために必要なデータを算出するシステムのことです。ブロックチェーンのブロックには取引記録の他にnonceという変数を含む必要があります。簡単に言えばこのnonceを求めるためにProof of Workが使われているのです。そしてnonceを発見すれば報酬としてビットコインを受け取れます。この一連の作業がマイニングと言われるものです。偽造が不可能と言われるのは、ブロックには過去のデータも含まれているためです。つまり偽造をすると連結する全ての取引データを改ざんする必要があり現実的に不可能となっています。

Proof of Workのデメリット

Proof of Workは直訳すると「仕事の証明」です。もっとわかりやすく言うと仕事量が多いほど早く計算が解けるようになるということです。Proof of Workによってnonceを発見するとビットコインが報酬として受け取れると触れましたが、受け取るには仕事量を増やす必要があります。つまりより高性能なコンピューターが必要になるのです。ビットコインマイニングの現状はコンピューターの性能競争にようになっており、参加するには初期投資と莫大な電気代が必要になってきます。ビットコインのマイニンググループは中国に集中していますが、電気代が安い点も理由の一つです。今からビットコインマイニングに参加して報酬を受け取るのは非常に難しいです。

Proof of work以外の仕組み


ビットコインはProof of Workによって偽造を防ぎ安全な仕組みを確立していますが、コンピューターの性能競争になりエネルギー消費に依存している側面があります。そしてProof of Work以外の仕組みとして注目されているのがProof of Stakeです。Proof of Stakeはコンピューターの性能だけでなくコインを持っている割合(Stake)によりブロック承認の割合を決めます。環境にやさしくブロック承認の時間が早い点がメリットです。仮想通貨の種類によってはProof of Stakeを採用している場合もあります。

Proof of Workがわかればアルトコインの特徴がわかる

Proof of Workはビットコインの偽造を防ぐシステムです。アルトコインの多くにも採用されています。アルトコインによってはProof of Stakeなど他の仕組みを導入している場合もあり、どんな仕組みを使っているかでアルトコインの特徴を理解することが可能です。Proof of Stake以外にもいくつかの仕組みがあるので、アルトコインを調べる際の参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧