仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引所と言えば、bitFlyerやZaifなどが有名ですが、これらの取引所とは仕組みの異なる分散型取引所(DEX)というものが存在します。分散型取引所とは、取引を管理する主体が存在しない取引所のことです。分散型取引所の概要や注目を集めている背景などを紹介します。

目次

  • 中央集権型の取引所
  • 分散型取引所(DEX)とは
  • Binance(バイナンス)も分散型取引所に乗り出す

中央集権型の取引所

分散型取引所(DEX)について紹介する前に、まずは中央集権型の取引所について触れておきます。中央集権型の取引所とは、bitFlyerやZaifなどに代表される取引を管理する主体が存在する取引所です。これらの取引所は、利用者の秘密鍵を管理し、利用者に口座(ウォレット)を提供します。秘密鍵とは簡単に言えば、利用者の口座から仮想通貨を引き出すことのできるパスワードのようなものです。

中央集権型取引所のメリット・デメリット

中央集権型取引所のメリットは秘密鍵を自身で管理しないことと言えるでしょう。つまり、自身で秘密鍵を紛失してしまうリスクなどがありません。デメリットは外部からの攻撃や内部不正などのリスクが存在することです。ハッキングにより秘密鍵が流出すれば、仮想通貨を不正に引き出すことが可能になりますし、取引所内部の人間が不正を働く可能性もあります。

コインチェック事件により、分散型取引所(DEX)への関心が高まる

分散型取引所は以前から存在しますが、コインチェック事件により更に注目を集めたと言えます。コインチェックはいわゆる中央集権型取引所になりますが、数百億円分の仮想通貨がハッキングにより流出してしまいました。コインチェックのセキュリティが甘かったことは否めませんが、中央集権型取引所に資産を預けておくリスクが広く認識された出来事です。

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所は取引を管理する主体が存在しない取引所です。ユーザー同士で直接取引を行います。ユーザー同士のウォレットとウォレットを繋いで売買を成立させる仕組みです。秘密鍵は各自が管理するため、中央へのハッキングリスクはありません。分散型取引所は既にいくつもあり、EtherDelta(イーサデルタ)や0x(ゼロエックス)などが有名です。

分散型取引所のデメリット

ハッキングリスクの低い分散型取引所ですが、デメリットもあります。中でも流動性は課題と言えるでしょう。中央集権型取引所に比べ利用者が少ないため、取引が活発ではありません。また、手数料の高さなどの問題もあります。ただ、これらは分散型取引所の普及とともに解決できる問題であり、徐々に広がっていくのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)も分散型取引所に乗り出す

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)も、分散型取引所の開発に着手しています。中央集権型取引所が分散型取引所を開発することは少し驚きでしたが、両者は共存できる可能性が高く、分散型取引所が普及したとしても中央集権型取引所は利用され続けるでしょう。

【PR】安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧