仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

アメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースが、日本に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録を年内にも申請します。出資する三菱UFJフィナンシャルグループと連携し日本市場を開拓するようです。

目次

  • コインベースが日本進出。年内に登録申請
  • 日本市場への参入が増加

コインベースが日本進出。年内に登録申請

アメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースが、日本に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録を年内にも申請します。出資する三菱UFJフィナンシャルグループと連携し日本市場を開拓するようです。

コインベースはセキュリティに強みを持っており、顧客資産がハッキングされた場合でも全額補償される保険なども存在します。仮想通貨関連企業初のユニコーン企業として知られており、三菱UFJフィナンシャル・グループも出資していることなどから、日本市場でも存在感を発揮しそうです。

米仮想通貨コインベース、日本進出 三菱UFJと連携

機関投資家向けサービスも充実

コインベースが取り扱う仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど主要な種類に限定され、国内取引所と差はありませんが、機関投資家向けのサービスを充実させています。特に野村ホールディングスも研究を開始しているカストディサービス(仮想通貨の保管)は、注目を集めるのではないでしょうか。

日本市場への参入が増加

先日、HitBTCが日本市場進出を明言したばかりですが、世界一の取引所ともいえるコインベースも参入することになりました。それだけ日本市場には大きな魅力があるということでしょう。日本は個人投資家の売買が活発で、取引頻度も多いです。審査待ちは100社超ともされ、登録のハードルは高いですが、コインベースの企業規模やセキュリティ体制であれば問題ないと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧