仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は、サッカーJ3リーグの「FC琉球」と2018シーズンクラブパートナー契約を締結しました。

目次

  • GMOコイン、ビットコインを活用しJ3リーグFC琉球のスポンサーに
  • パートナー契約について

GMOコイン、ビットコインを活用しJ3リーグFC琉球のスポンサーに

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は、サッカーJ3リーグの「FC琉球」と2018シーズンクラブパートナー契約を締結しました。

パートナー契約について

GMOコインは、FC琉球のサポートを通して、仮想通貨事業の認知拡大と、沖縄県の地域発展、豊かなスポーツ文化の醸成を目指しています。今回、新たな取り組みとして、FC琉球に対する協賛金を仮想通貨のビットコインで贈呈します。今後のFC琉球ホームゲーム時には、横断幕やゴール裏アドボードにてGMOコイン看板の掲示を行います。また、FC琉球はこれを機会に、ブロックチェーン技術を活用したファン・サポーター向けサービスの開発などの検討を進めるとしています。

J2昇格ボーナスもビットコインで贈呈

さらに、沖縄でのサッカーの振興とFC琉球の更なる活躍を奨励し、J2に昇格した際には、ボーナスとして「10ビットコイン」を贈呈させていただきます。

FC琉球について

FC琉球は、2003年に発足した、沖縄県沖縄市をホームタウンとするJ3リーグ所属のプロサッカークラブです。「沖縄県民に愛され誇りとなれるクラブ作り」を目指しており、現在は、沖縄県民とサポーターと共に「J2昇格」、その先の「J1昇格」を目標としています。

 

GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧