仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーンゲームメディアの「Blockchain Game info」やブロックチェーンゲームの「コントラクトサーヴァント -CARD GAME-」など、ブロックチェーン領域に積極的なアプローチを行っているアクセルマーク株式会社の代表取締役・尾下氏にインタビューを行いました。

プロフィール

アクセルマーク株式会社 代表取締役

尾下 順治 氏

現在発表されているアクセルマークのブロックチェーン事業について

Q.「Blockchain Game info」の反響はいかがでしょうか?

「Blockchain Game info」は日本国内・海外におけるブロックチェーンゲームの取引状況等が確認できるウェブメディアで、順調にPV数を伸ばしています。3月のリリース時はシンプルな内容でしたが、レイアウト・デザインを刷新したほか、コラム記事などのコンテンツも充実させています。

Q.最近だと「コントラクトサーヴァント」も発表されましたね

プレイヤーのみなさんに遊んでいただけるようになる時期はもう少し先になりますが、ブロックチェーンゲームの第一弾として「コントラクトサーヴァント -CARD GAME-」を開発していることを発表しました。Ethereum上で動作するトレーディングカードゲームで、プレイヤーはオンライン空間上で自由にカード(サーヴァント)を取引することができ、ブロックチェーンが不正を監視します。

現状のブロックチェーンゲーム、Dapps市場をどのように見ているか

Q.ブロックチェーンゲーム領域の取り組みに積極的ですが、スマホゲームとの決定的な違いは何でしょうか?

「Decentralized(非中央集権)」かどうかが決定的な違いです。スマホゲームではトレーディングカードをはじめとしたデジタル・アセットを獲得・購入してもオーナーシップはプレイヤーにありません。配信元やアプリストア側の都合により削除されたり、変えられたり、閲覧できなくなったりしてしまいます。

しかし、デジタル・アセットのオーナーシップをブロックチェーン上に記録・公開しているブロックチェーンゲームであれば、このような問題をなくすことができると考えています。

Q.ではプレイヤーがブロックチェーンゲームを楽しむモチベーションは何でしょうか?

当社が開発中の「コントラクトサーヴァント」のようなトレーディングカードゲームで言えば、「ゲーム自体をやり込む」ことをモチベーションにされる方もいれば、「カードをコレクションする」ことをモチベーションにされる方もいると思います。さらに、オンライン空間上で自由にカードを取引できるようになることで、より効率的に欲しいカードを入手できるようになるので、その点に魅力を感じる人もいるでしょう。

加えて、デジタル・アセットのオーナーシップを得ることに面白さや意義を感じるプレイヤーも集まってくると思います。

Q.ブロックチェーンゲーム、Dapps市場が盛り上がるにはプレイヤーの仮想通貨及びデジタル・アセットへの理解度向上が必要そうですね?

そうですね。そのため、世の中に普及するのには少し時間がかかると思っています。

現状のブロックチェーンゲーム、Dapps市場は海外の情報を自分でキャッチアップできたり、ブラウザに「MetaMask※1」を追加できたりするような、ごく限られたプレイヤー間で盛り上がっているだけという印象です。

しかし、普及してからブロックチェーンゲーム、Dappsへの取り組みを開始するのではなく、当社としては黎明期である今から始めるべきだと考え、積極的に取り組みを行っています。

※1 MetaMask:イーサリアム及び、イーサリアム系トークンのためのウォレット

Q.市場を盛り上げるための課題や取り組むべき内容はなんだと思われますか?

ブロックチェーンゲーム、Dappsはスマホアプリゲームよりも国境を超えやすく、国外のゲームも多く入ってくることで、玉石混交となることが予想されます。

中には「詐欺まがいのモノ」も登場してくる可能性もあり、プレイヤーとしては、ゲームを取捨選択する必要がでてきます。そうなったときに「Blockchain Game info」のようなメディアがプレイヤーの取捨選択をサポートする役割も担っていきつつ、健全に発展させていくことが重要です。

アクセルマークの今後の展開について

Q.今後、ブロックチェーン領域についてどのように取り組みを行いますか?

直近で言えば、「Blockchain Game info」や「コントラクトサーヴァント」を通して、ブロックチェーンゲームの魅力を世の中に伝えていきたいと思います。

Q.では、中長期的にはどのようような取り組みを想定されていますか?

中長期的にはプレイヤーがどのような「デジタル・アセット」を当たり前に持つようになり、どのような場で使うのか、また、どのような「デジタル・アセット」であれば持ちたいと思うのかなどについて考えていきたいと思います。考えていく中で、デジタル・アセットの発露の場(活用の場)がゲーム以外にもあるということであれば、積極的に検討していきます。

インタビューを終えて

今のゲーム(特にオンラインゲームやスマホゲーム)は、トレーディングカードやアイテムなどのデジタル・アセットを購入しても、オーナーシップを得ることはできません。オーナーシップはあくまで配信元企業にあり、ゲームが終了してしまえば、そのデジタル・アセットを閲覧することができなくなることもあります。このような不安定な状態をブロックチェーンは解消してくれる可能性があります。今後、ゲームのプレイヤーはブロックチェーンゲームを通して、デジタル・アセットのオーナーシップを得る面白さや意義性を感じていくのかもしれないと考えさせられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧