仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーンゲーム専業の開発会社であるdouble jump.tokyoの上野代表にインタビューを行いました。今夏に初のブロックチェーンゲームタイトルである『My Crypto Heroes』をリリース予定です。

目次

  • ブロックチェーンゲームで得られる”アセット”の価値を高める
  • 現状のブロックチェーンゲーム市場、普及の可能性
  • ノウハウをためつつも、横展開はしない
  • インタビューを終えて

・プロフィール

double jump.tokyo株式会社

代表取締役 上野広伸氏

株式会社野村総合研究所にて数々の金融システムの基盤構築に参画。前職の株式会社モブキャストにて執行役員、技術フェローを歴任し、プラットフォーム及びゲームサーバーの設計・開発、スマートフォンゲームの開発基盤の構築を指揮。

ブロックチェーンゲームで得られる”アセット”の価値を高める

Q. まずは会社概要や事業概要を教えて頂けますか?

double jump.tokyoは2018年4月に設立したばかりのブロックチェーンゲーム開発に特化した会社です。IP(著作権や商標権等の知的財産権)を開発・取得し、幅広い事業領域へサービスを提供する総合エンタテインメントカンパニーである株式会社ディー・エル・イー(東証一部上場)の子会社にあたります。開発に特化していることもあり、バックオフィス関係などはディー・エル・イーに支援頂きながら事業を展開しています。

事業としては、ブロックチェーンゲームである『My Crypto Heroes』を今夏リリース予定です。まずは『My Crypto Heroes』を世の中にどんどん広めていき、ゲーム内で得られるヒーローやアイテムなどの価値を上げていきたいです。ゲーム自体の価値も当然ありますが、ブロックチェーンゲームでは、ゲーム内の「アセット(ここではヒーローやアイテム)」の価値を上げてこそ、ゲームも盛り上がりますし、ユーザーへの還元もできると思っています。

※『My Crypto Heroes』の概要

『My Crypto Heroes』は、ブロックチェーン技術を活用して開発された、スマートフォンおよびPCに対応したHTML5ゲームです。ユーザーは、ブロックチェーン上の“世界の歴史上の英雄達”を集めて、数々のアイテムを手に入れながら、仮想世界の制覇を目指します。ゲーム内では、「ヒーロー」、「アイテム(装備品など)」、「領地」と3種類のアセットが存在します。

Q. アセットの価値はどのように高めていくのでしょうか?

『My Crypto Heroes』は「Editable Asset」というコンセプトで、ユーザー自らアセットを価値付けできる仕組みを提供する予定です。また、その価値というのがユーザーにどのように受け入れられるかがポイントとなるブロックチェーンゲームはコミュニティが重要な意味を持っています。『My Crypto Heroes』のコミュニティ内の意見などを参考にしながらさまざまな施策を検討していきたいです。

Q. 例えば、『My Crypto Heroes』のアセットを他のゲームで使用できるようにするなども考えられますか?

はい、検討はしています。ただ、どういうゲームと関係性を築かせるべきかなど、まだ読み切れない部分が多く、やはり反応を見ながら検討していくことになると思います。

現状のブロックチェーンゲーム市場、普及の可能性

Q. 現状のブロックチェーンゲーム市場をどう見ていますか?

ブロックチェーンゲーム市場は黎明期であり伸びしろがある市場です。現状ユーザーは限定的ではあるものの、右肩上がりでどんどん増えていくのは間違いないでしょう。

Q. どのくらいの規模になると考えていますか?ソーシャルゲームくらいになる可能性はありますか?

可能性としてはあり得ますが、どのくらいの規模になるかまだ想像することは難しいです。ただ、ブロックチェーンゲームに関しては新たなゲーム経済圏を築いていくその特徴から、既存ゲーマー層のみならず、今までゲームをやっていなかった層も取り込んでいくと考えています。ゲーム市場全体を大きくしながら、ゲームの特性によって棲み分けていくことになるのではないでしょうか。

Q. ビッグタイトルが登場しないと、普及しない印象もありますが、どのように考えていますか?

ソーシャルゲームの時もそうだったのですが、黎明期の時はオリジナルIPやシンプルなゲームによりイノベーターやアーリーアダプターを取り込んでいきました。しかし、そこからマジョリティを取り込んでいくには、IP(漫画やアニメやゲームの版権)などが必要になってくると思います。逆にユーザーが限定的な状況においては、IPはコスト面などで難しいところもあります。

Q. ブロックチェーンゲームが普及する上での課題はありますか?

プレイするまでのハードルがある点です。例えばブロックチェーンゲームをプレイするにはイーサリアムなどの仮想通貨が必要であったり、そのためにメタマスクなどのウォレットが必要だったりします。『My Crypto Heroes』ではイーサリアムを保有していなくても遊べるようになっています。

ノウハウをためつつも、横展開はしない

Q. 今後の展開について教えて頂けますか?

今夏に『My Crypto Heroes』をリリースし、ユーザーに受け入れてもらえるようにしていきたいです。また、『My Crypto Heroes』で得られたノウハウを使って、違うタイトルも検討していく予定です。ただ、『My Crypto Heroes』のようなゲームを横展開するつもりはなく、違う観点のブロックチェーンゲームに挑戦していきたいと思っています。ブロックチェーンゲームは基本成長を続けていくと思いますが、どこかで急激に成長するタイミングがあると思います。その波が来た時にしっかり沖に出ているポジションを確保したいです。

Q. 事業を推進していくには開発体制の充実が必要になると思いますが、人材募集などはいかがですか?

はい、積極的に募集していきます。ただ、現在の市場状況を考えると大規模な開発体制を用意するというよりは、スモールチームを保っていきながら採用を強化する方針です。エンジニアやデザイナーはもちろん、ブロックチェーンの文化を理解したゲームプランナーなど幅広く募集しています。

インタビューを終えて

ブロックチェーンゲームはアセットの価値をいかに高められるかが重要とわかりました。ただ、全く新しい分野のブロックチェーンゲーム市場では、方法が確立されていませんし、経験している人材もいません。試行錯誤しながら、市場を作っていくのは魅力的であり、やりがいが非常にあると感じさせられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧