仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月5日にブロックチェーン技術を活用したカップルのための想い出記録サービス「LoveChain(ラブチェーン)」をリリースしたドリコムにインタビューを行いました。

目次

  • ドリコムの新規事業部「DRIP部」とは
  • カップルのための想い出記憶サービス「LoveChain」
  • ブロックチェーンや仮想通貨に慣れ親しんでいない層が関心

〇プロフィール

■DRIP部 部長 櫻井理映子(Rieko Sakurai)

2006年ドリコム入社。2015年にドリコム退職のち2017年5月に再びドリコムに入社。

ドリコム1回目では新規事業立ち上げ、経営企画、社長室、マーケティングなどを経て、ドリコムの戦略的子会社の代表取締役社長を経験。戦略的子会社においてはカジュアルゲーム開発を推進。

2017年のドリコム2回目入社以降は、ドリコムの新規事業開発部門であるDRIP部において、新規事業・サービスの企画・開発を推進している。

■DRIP部 ディレクター 吉田優華子(Yukako Yoshida): (写真)

2013年新卒でドリコムに入社後、2年目で子会社社長に就任。 現在は本社のDRIP部にて、LoveChainをはじめ複数サービスのディレクションを担当。

また、子会社時代に10代女子に人気を誇る音楽アプリを担当したことをキッカケに、SXSW 2016にて”日本におけるティーンのユーザー行動”と題して講演を行うなど、ティーンマーケティングの”ご意見番”としても活動を行う。

ドリコムの新規事業部「DRIP部」とは

Q.まずは御社の会社概要やDRIP部について教えて頂けますか?

ドリコムはゲーム事業が主軸の会社で、マンガやゲームで既に知名度のあるIP(intellectual property:知的財産)を使ったスマートフォン向けのゲームを開発しています。LoveChain を開発したDRIP部は、「発明の種を産み続ける」をスローガンに掲げる、代表取締役社長の内藤直下の少数精鋭の新規事業部になります。これまでにダイニングコンシェルジュサービス「PlanB(プランビー)」、物々交換アプリ「Clip(クリップ)」、マップコミュニケーションアプリ「PASS(パス)」などをリリースしてきました。

Q.DRIP部としてブロックチェーンは注力しているのですか?

はい、さまざまな新技術がある中でブロックチェーンは最も注力している分野です。7月5日にリリースしたLoveChainは、ブロックチェーン分野における第一弾のサービスになります。

カップルのための想い出記憶サービス「LoveChain」

Q. LoveChainはどのようなサービスなのでしょうか?

LoveChainはカップルのための想い出記憶サービスです。ブロックチェーンの「データを永続的、不変的に維持できる」、「記録した情報を改ざんできない」といった特徴を活かし、ブロックチェーン上に2人だけの想い出や約束事を永遠に残すことができます。

使い方は、相互にアドレスを送り合う、もしくはID検索をすることでお互いにラブを送り合います。すると2人のカップルページが作成され、テキストや画像で2人の想い出や約束事を投稿できます。投稿した内容はイーサリアムのブロックチェーン上に刻まれます。

Q.別れた場合はどうすればいいのでしょうか?

別れた場合は「お別れする」ボタンがあるので、カップルページを消去することができます。

Q.ブロックチェーンはさまざまなサービスが可能だと思いますが、LoveChainを開発した理由はありますか?

まず、ブロックチェーンゲームや仮想通貨で収益が上がるモデルは会計上の処理が煩雑になり、スピード感が出せないため除外しました。収益度外視で、ユーザーが使えるものをマーケットに出して反応を見たかったのが一つです。また、マーケットを見ると、Dapps(分散型アプリケーション)は投機的なものが多かったので、違った視点で違う層にアピールできるサービスを出したかったのが理由です。

ブロックチェーンや仮想通貨に慣れ親しんでいない層が関心

Q.LoveChainはどのような層が使っているのですか?

ブロックチェーンや仮想通貨に関心のある層がサービスを見てくれていますが、慣れ親しんでいない層も関心を持ってくれていると感じています。メタマスクの使い方がわからないなどのお問い合わせが多いためです。SNSを見ていても、カップルSNSなどを利用している層が関心を持っていますが、同じくメタマスクの使い方などで躓いてしまう方が多いです。

Q.カップル以外に使われることは想定していますか?

基本はカップル専用のサービスですが、ラブを送り合えさえすればページが作成されますので、友人や同僚、先輩後輩などで使用することも可能です。

Q.今後の展望について教えてください。

想い出や約束事といっても幅広いですが、お金に関する約束事など仮想通貨と連動させられると面白いと考えています。例えば将来のために2人のお金をプールする、仮に別れたとしても2人にバックされる。お金を特定の目的で2人の同意があれば使えるようにするなどです。

 

■「LoveChain」サービス概要
タイトル:LoveChain(ラブチェーン)
ジャンル/カテゴリー:カップル向けブロックチェーンサービス
開始日:2018年7月5日(木)
対応言語:日本語、英語
URL:https://lovechain.ooo/
DRIP部公式サイト:http://drip.drecom.co.jp/
利用料金:無料。ただし、Ethereumネットワークに対してトランザクション手数料を支払う必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧