仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年は主要な仮想通貨が軒並み下落しています。仮想通貨は基本、ビットコインを中心とした価格推移をするため、銘柄に関係なく同じような動きをしますが、実は上昇あるいは堅調に推移している仮想通貨もあります。

目次

  • 主要な仮想通貨はピーク時の半分程度の価格に
  • 注目すべき銘柄?取引所の独自トークン
  • 国内取引所の独自トークン

主要な仮想通貨はピーク時の半分程度の価格に

2018年は主要な仮想通貨が軒並み下落しています。ビットコインはピーク時の約250万円から1/3程度になっていますし、イーサリアムやライトコイン、XRPなどの主要アルトコインも同じような状況です。仮想通貨は銘柄関係なくビットコイン価格に引っ張られる傾向が強く、大きなトレンドに違いが出にくいです。これはアルトコインのほとんどがビットコインのみでしか取引できないことが影響しています。

分散投資に意味はない?

これだけ聞くと分散投資にメリットがないようにも感じますが、上昇幅や下落幅は結構な違いが出ますので、必ずしも意味がないことはありません。ただし、リスクヘッジとして複数の銘柄に投資する方法は有効とは言えないでしょう。

注目すべき銘柄?取引所の独自トークン

下落が続く2018年の仮想通貨相場ですが、上昇あるいは堅調に推移している種類もあります。それが取引所の独自トークンです。世界最大級の取引所であるBinanceが発行するBinance Coin(BNB)が代表的存在になります。

Binance Coinの価格推移

他の仮想通貨同様に、1月初旬に約24ドルとピークを迎えていますが、3月以降は価格が堅調に推移し、現在は約17ドルまで価格を回復させています。

上昇を続けるHuobi Token(HT)

Binance Coinの次に時価総額の高い取引所トークンがHuobi Tokenです。2018年に発行されて以降、基本右肩上がりの上昇を続けています。発行時の価格から約5倍の上昇を記録しています。

全て上昇しているわけではない

取引所のトークン全てが上昇しているわけではありません。当然下落している種類もあります。取引所のトークン価格は、取引所の展開に左右される傾向があり、BinanceやHuobiのように規模が大きく、他分野に展開するトークンが評価を受けているのでしょう。BinanceはBinance Coinを活用した10億ドル規模の仮想通貨ファンドも設立しています。

国内取引所の独自トークン

国内取引所において取引所が発行する独自トークンはいくつか存在します。Zaifが発行するZAIFトークン、COMSAトークン、QUOINEXのQASHなどです。規制の問題なども大きいですが、Binance CoinやHuobi Tokenに比べると低調な推移になってしまっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧