仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨市場は、停滞が続いています。2017年はほとんどの仮想通貨が数十倍から数百倍に価格上昇し、個人投資家が殺到しましたが、2018年は価格低迷により新規参入は極端な減少を見せています。果たして、日本の個人投資家は戻るのでしょうか。

目次

  • 2017年の仮想通貨価格高騰
  • 2018年の停滞
  • 個人投資家は戻るのか

2017年の仮想通貨価格高騰

2017年はほとんどの仮想通貨が数十倍から数百倍に価格上昇しました。まさに購入して置いておけば資産が増加している状態で、資産1億円以上にした「億り人」という言葉も流行しました。仮想通貨取引所によるテレビCMなども影響し、各社に口座開設が殺到。今考えると一種の熱狂だったと感じさせられます。

ここまで価格上昇した理由は、さまざま挙げられますが、個人投資家の新規参入が相次ぎ、継続的に大量の資金が流入していたことは大きいでしょう。特に日本は、この仮想通貨ブームを牽引していた存在で、証券会社が何十年かかった100万口座をあっという間に達成してしまいました。

2018年の停滞

2018年は2017年とは全く違う相場になりました。個人投資家に最も影響を与えたのは、コインチェックの不正流出事件でしょう。580億円相当という過去最も大きな不正流出となりました。当然、投資家心理は冷え込み、多くの人が資金を引き上げ、新規参入も急減しました。その後、コインチェック以外のみなし業者、登録業者にも業務改善命令や業務停止命令が相次ぎ、信頼は地に落ちたと言えます。

7月となった現在も新規参入が回復する様子はありません。一度付いてしまったイメージを払しょくするのは簡単ではないでしょう。

個人投資家は戻るのか

仮想通貨取引所への処分が一段落し、今後コインチェックの事業者登録・サービス全面再開、新規参入事業者の増加が始まると考えられます。認定自主規制機関を目指す日本仮想通貨交換業協会も発足し、自主規制ルールの整備を進めています。まさに信頼回復へ向けた最初の段階にいるわけですが、個人投資家は戻ってくるのでしょうか。

おそらく、コインチェックの事業者登録・サービス全面再開、新規参入事業者の増加が始まったとしても、すぐには戻らないのではないでしょうか。仮想通貨に注目している人自体が減少しているでしょうし、そうしたニュースも耳に入ってこないかもしれません。

最も重要なのは、相場が上昇するかどうかでしょう。2017年も価格上昇により個人投資家の新規参入が増えました。相場上昇により徐々に関心を持つ人が増え、仮想通貨取引所の管理態勢の充実、大手企業の増加などにより安心して取引できる環境が整っているとわかれば、再び純増していくフェーズに入ると思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧