仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

レバレッジ取引とは元手の数倍以上の資金を投資できる取引です。25倍までのレバレッジが効かせられ、少ない資金でも大きな利益を狙えます。ビットコインは国内取引所の大半でレバレッジ取引ができますが、アルトコインはできるのでしょうか?

目次

  • レバレッジ取引について
  • ビットコインのレバレッジ取引
  • アルトコインのレバレッジ取引はできる?
  • レバレッジ取引はハイリスクハイリターン

レバレッジ取引について


レバレッジ取引とは元手の数倍以上の資金を投資できる取引です。25倍までのレバレッジが効かせられ、少ない資金でも大きな利益を狙えます。例えば、現物で1BTCの取引をするには、現在のレートで35万円程の資金が必要になりますが、25倍のレバレッジ取引であれば「35万円÷25」なので1.4万円の資金があればできることになります。少ない資金で大きな利益を狙えますが、当然損失もレバレッジがかかるためハイリスクハイリターンな投資です。

ビットコインのレバレッジ取引


ビットコインのレバレッジ取引は、国内取引所の大半が対応しています。内容はそれぞれの取引所により違いがありますが、BITPointやQUOINEX、みんなのビットコインなどは最大25倍のレバレッジ取引が可能です。最も利用者の多いbitFlyerでは最大15倍までレバレッジを効かせられます。そしてレバレッジ取引をする際に必ず確認が必要なのが追証やロスカットです。含み損が膨らんでいくと、追加で資金追加が必要になったり(追証)、ロスカットの対象になってしまったりします。各社違いがあるため、それぞれ確認が必要です。

【2017年最新(証拠金取引編)】ビットコイン(仮想通貨)取引所12社を徹底比較

アルトコインのレバレッジ取引はできる?


国内取引所ではアルトコインのレバレッジ取引ができません。今後対応する可能性もありますが、現状は海外取引所を利用するしかない状況です。海外取引所では国内でも利用者の多いPoloniexなどがアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。最大レバレッジは2.5倍と低いですが、ショート(空売り)という選択肢が加わるため、下落相場においても利益を出せる可能性が生まれ取引の幅が広がります。

Poloniexには「MARGIN TRADING(信用取引)」というメニューがあるので、そこにビットコインを振替することで利用できるようになります。

ショート(空売り)について

現物取引は安い価格で購入して高い価格で売却することで利益を得られます。ただ、レバレッジ取引においては現物取引と同様のロングに加えてショート(空売り)もできるようになります。ショートとは仮想通貨を持っていない状態において仮想通貨を借りて売りから入ります。そして価格が下がったら買い戻します。簡単に言えば価格が下がれば利益を得られるわけです。

レバレッジ取引はハイリスクハイリターン

アルトコインのレバレッジ取引は海外取引所を利用することで可能になります。しかし、現物取引よりもハイリスクハイリターンであることは間違いありません。投資資金以上の損失になる可能性もあります。まずはビットコインのレバレッジ取引で経験を積んでから始めてみるのがいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧