仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

OTC取引とは相対や店頭取引とも呼ばれ、売り手と買い手が1対1で取引を行うことです。仮想通貨は取引所取引が一般的ですが、OTC取引ができる取引所もあります。OTC取引の概要やメリット・デメリットについて紹介します。

目次

  • OTC取引の概要
  • OTC取引のメリット
  • OTC取引のデメリット
  • 状況に応じてOTC取引の活用を

OTC取引の概要


OTC取引とは相対や店頭取引とも呼ばれ、売り手と買い手が1対1で取引を行うことです。株式・FX・仮想通貨ともに取引所取引とOTC取引ができますが、仮想通貨におけるOTC取引は販売所のことです。国内ではbitFlyer、coincheck、GMOコインなどがOTC取引ができる代表的な取引所となっています。

取引所取引について

取引所取引は1対1のOTC取引とは異なり、個別競争売買方式が採用されており、市場に集まっているユーザーの売り注文と買い注文をマッチングさせることによって売買が成立します。仮想通貨の場合は、取引所に集まっている不特定多数のユーザーと取引をすることになります。

OTC取引のメリット


最もわかりやすいメリットが取引が簡単な点です。1対1の取引はどんな取引においても基本であり、非常にわかりやすいです。取引所取引では気配値を見ながら価格を指定する必要がありますが、OTC取引であれば提示された価格で取引ができます。また、大口の注文を入れる際にもメリットがあります。取引所取引では、100万・1,000万円単位の注文を一つの価格で約定させることは難しいです。しかしOTC取引であれば、同じ価格でこの単位の注文を成立させることができます。また、取引所取引で大きな注文が入ると価格が変動しやすくなりますが、OTCならその心配もありません。

OTC取引のデメリット


OTC取引のデメリットは、取引所価格よりも割高(割安)になる点です。買値と売値の差であるスプレッドも大きくなります。当然取引所によって違いはありますが、取引所取引よりも価格が不利な点は共通しています。ただし、大口取引の際はこの限りでないこともあります。大口注文の場合、メイクされた複数の価格で約定する可能性が高くなるためです。一つの価格で約定できるOTC取引の方がお得に売買できる可能性も高くなります。

状況に応じてOTC取引の活用を

OTC取引は売り手と買い手が1対1で取引を行うことです。状況によって有利な場合も不利な場合もあるため、取引所取引に比べ優れているとも劣っているとも言えません。大口の注文を入れる場合は活用してみてもいいでしょう。一般的にOTC取引は価格が不利でスプレッドが大きくなりますが、GMOコインのように小さなスプレッドで提供されている場合もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧