仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年9月29日、金融庁から仮想通貨交換業者登録の発表がありました。第一弾として11社が認可され、各社が取り扱う仮想通貨も発表されました。これらの仮想通貨が以前から話題になっていた俗に言うホワイトリストになります。

目次

  • 仮想通貨のホワイトリストについて
  • 多くが認められる結果に
  • coincheckが扱う仮想通貨がどうなるか
  • ホワイトリスト=推奨ではない

仮想通貨のホワイトリストについて


2017年9月29日、金融庁から仮想通貨交換業者登録の発表がありました。第一弾として11社が認可され、各社が取り扱う仮想通貨も発表されました。これらの仮想通貨が以前から話題になっていた俗に言うホワイトリストになります。

【ホワイトリスト一覧】
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
NEM(XEM)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
ザイフ(ZAIF)
フィスココイン(FSCC)
ネクスコイン(NCXC)
カイカコイン(CICC)
カウンターパーティー(XCP)
ストレージコインエックス(SJCX)
ペペキャッシュ(PEPECASH)
Zen(ZEN)

多くが認められる結果に


当初ホワイトリストはビットコインやイーサリアムなど限定的になるのではと予想されていました。しかし、結果は多数の仮想通貨がホワイトリスト入りしています。Zaifが扱うトークンも認められたのが特徴です。現状、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)を中心に扱う取引所が多いですが、今後はリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、NEM(XEM)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)も各取引所が扱う流れになっていきそうです。bitFlyerは早速モナコインの取り扱いを開始しています。

coincheckが扱う仮想通貨がどうなるか


大手仮想通貨取引所であるcoincheckは13種類と国内最多の仮想通貨を扱っているため、少し審査に時間が掛かっています。既にホワイトリスト入りしている仮想通貨に関しては問題ないですが、LISK、Factom、Monero、Augur、Zcash、DASHの6種類は国内でcoincheckしか扱っていない仮想通貨です。この6種類が認められるかが今後の焦点になりそうです。
coincheckの詳細はこちら

ホワイトリスト=推奨ではない

俗に言うホワイトリストが発表されたことで、今後各社がホワイトリスト入りした仮想通貨を取り扱うようになるのではないでしょうか。coincheckが扱う仮想通貨もリスト入りすれば、各社対応してくるでしょう。なお、仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。金融庁が推奨していたり価値の保証をしていたりするわけではないので注意してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧