仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年12月に入り、アルトコインの高騰が続いています。主要なアルトコインは軒並み高騰している状況です。2017年前半もアルトコインが高騰しましたが、現在はその勢いを超えているのでしょうか? 主要仮想通貨を比較してみたいと思います。

目次

  • 2017年12月以降、アルトコインの高騰が続く
  • イーサリアムの比較
  • リップルの比較
  • NEMの比較
  • 2017年前半より上昇率が高いアルトコイン
  • 急な下落に注意を

2017年12月以降、アルトコインの高騰が続く

2017年12月以降、アルトコインの高騰が続いています。12月だけで、イーサリアムは約2倍、ライトコインは約4倍、リップルは約4倍、NEMは約4倍と主要なアルトコインは軒並み高騰している状況です。まさに2017年前半と同じような状況にあるわけですが、当時と比較してどのような状況なのでしょうか。

イーサリアムの比較

イーサリアムの年間チャートです。イーサリアムは2017年4月以降高騰しました。4月1日約5千円だった価格は6月に約4万円まで伸びています。約8倍の価格上昇です。対する12月は5万円から10万円の大台に乗り、約2倍の価格上昇を記録しています。金額でみると2017年前半を上回っていますが、上昇率でみると2017年前半には及ばないことがわかります。

リップルの比較

リップルも2017年前半に大きく高騰した仮想通貨です。4月1日時点で約2円だった価格は5月に約50円まで高騰しました。25倍というとんでもない価格上昇率です。対する12月は約25円から約100円まで上昇しています。イーサリアムと同様、金額は上回っていますが、上昇率は及んでいない状況です。

NEMの比較

NEMもリップル同様に2017年前半のアルトコイン高騰を象徴する存在でした。4月1日約2円だった価格は約40円まで高騰しました。対する12月は約25円から約130円まで上昇しています。イーサリアムとリップル同様、金額は上回っていますが、上昇率は及んでいない状況です。

2017年前半より上昇率が高いアルトコイン

2017年前半の高騰を象徴する存在であったイーサリアム、リップル、NEMなどは上昇率で見ると、2017年前半程の勢いはないことがわかります。対してライトコイン、DASH、Moneroなどは2017年前半の上昇率を上回っています。こうした点から、2017年前半と比較しても、今回のアルトコイン高騰は見劣りしない結果になっていると言えるでしょう。

急な下落に注意を

当たり前ですが、ずっと高騰を続ける相場などありません。7月以降アルトコインが暴落したように、どこかで調整するタイミングは必ず訪れるでしょう。天井がどこかを判断することは非常に難しいですが、投資をする際は下落してしばらく元に戻らない可能性も考慮に入れて慎重に行ってください。

アルトコイン取引に適した取引所

coincheckはイーサリアム、リップル、NEM、ライトコイン、DASHなど国内最多13種類の仮想通貨を取引できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧