仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

coincheck(コインチェック)は国内最多13種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。2017年は主要な仮想通貨が軒並み高騰していますが、coincheck銘柄で最も高騰した種類は何なのでしょうか?

目次

  • 計算方法
  • coincheck(コインチェック)銘柄の価格上昇率
  • 2018年はどうなるか

計算方法

価格高騰率を調べるにあたり、2017年1月1日の終値と最高価格を記録した日の終値を参考に計算します。相場チャートはcoingecko(URL: https://www.coingecko.com/ja/ )を参照します。仮想通貨は、coincheckが取り扱うビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、LISK、Factom、Monero、Augur、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、DASH、ビットコインキャッシュの13種類が対象です。

coincheck(コインチェック)銘柄の価格上昇率

【ビットコイン(BTC)】
ビットコインは2017年1月1日の価格が約11.3万円、ピーク時の価格が221.4万円でした。約20倍の価格上昇を記録しています。

【イーサリアム(ETH)】
イーサリアムは1月1日時点の価格が約937円、ピーク時の価格が93,756円でした。約100倍の価格上昇を記録しています。

【イーサリアムクラシック(ETC)】
イーサリアムクラシックは1月1日時点の価格が約163円、ピーク時の価格が約4,897円でした。約30倍の価格上昇を記録しています。

【LISK(LSK)】
LISKは1月1日時点の価格が約17円、ピーク時の価格が約2,880円でした。約169倍の価格上昇を記録しています。

【Factom(FCT)】
Factomは1月1日時点の価格が約332円、ピーク時の価格が約5,149円でした。約16倍の価格上昇を記録しています。

【Monero(XMR)】
Moneroは1月1日時点の価格が約1,619円、ピーク時の価格が約54,738円でした。約34倍の価格上昇を記録しています。

【Augur(REP)】
Augurは1月1日時点の価格が約460円、ピーク時の価格が約11,818円でした。約26倍の価格上昇を記録しています。

【リップル(XRP)】
リップルは1月1日時点の価格が約0.7円、ピーク時の価格が約131円でした。約187倍の価格上昇を記録しています。

【Zcash(ZEC)】
Zcashは1月1日時点の価格が約5,675円、ピーク時の価格が約76,360円でした。約13倍の価格上昇を記録しています。

【NEM(XEM)】
NEMは1月1日時点の価格が0.39円、ピーク時の価格が約115円でした。約295倍の価格上昇を記録しています。

【ライトコイン(LTC)】
ライトコインは1月1日時点の価格が約510円、ピーク時の価格が約40,601円でした。約80倍の価格上昇を記録しています。

【DASH】
DASHは1月1日時点の価格が約1,332円、ピーク時の価格が約169,146円でした。約127倍の価格上昇を記録しています。

【ビットコインキャッシュ(BCH)】
ビットコインキャッシュは8月2日に誕生したため、その日を基準に計算します。8月2日時点の価格が約85,003円、ピーク時の価格が約428,738円でした。約5倍の価格上昇を記録しています。

最も価格高騰した仮想通貨はNEM

最も価格高騰した仮想通貨はNEMでした。何と295倍です。1万円投資していただけで295万円になっているわけです。信じられないような数字ですが、上昇率が100倍を超えている仮想通貨はリップル、LISK、DASH、イーサリアムと複数存在します。ビットコインは物凄く高騰しているイメージがありますが、coincheck銘柄の中では10位という結果になりました。

coincheckの詳細はこちら

2018年はどうなるか

どれだけ高騰したのか振り返ってみると、改めて仮想通貨の高騰ぶりに驚かされます。ただし、常に右肩上がりで成長しているわけではなく、暴落も何度かありました。今後もこのような価格上昇をしていくとは限りませんので、投資する際は慎重に検討してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧