仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

12月23日~24日の週末にかけて仮想通貨相場は下落しました。25日も価格は回復せず、これまでの強気相場は一段落といった感じです。2017年は今週が実質最後。年明けまであまり大きな変化はないかもしれません。

目次

  • 12月25日の状況
  • ビットコイン下落の原因は?
  • また次回

12月25日の状況

12月23日~24日の週末にかけて仮想通貨相場は下落しました。25日も価格は回復せず、これまでの強気相場は一段落といった感じです。ビットコインは週末に130万円台まで下落し、現在は160万円前後で推移しています。アルトコインもビットコインと同様に下落している種類が多いです。唯一NEMは好調な推移をしていて過去最高価格水準で推移しています。

資産状況

資産は141万円くらいです。下落しているため資産は減少していますが、12月初旬に比べるとまだまだ高値で推移していることがわかります。

ビットコイン下落の原因は?

ビットコインが下落している原因については、いろいろなことが言われています。送金詰まり、高騰したことによるバブル懸念の強まり、機関投資家による仕掛け売りなどなど。何が原因かはわかりませんが、ずっと高騰が続いていたので下落することは不思議ではありません。これまでも高騰と暴落を繰り返してきました。これまでと違うのはビットコイン先物が始まって機関投資家による仕掛け売りなどが出てきている点でしょうか。ただ、まだ取引量は大きくなくどこまで影響しているかは微妙です。

狼狽売りには注意

取引所への口座開設が殺到していることもあり、今月から仮想通貨投資を始めた方も多いと思います。下落すると不安になりますが、狼狽売りは一番損をする可能性が高いので、避けた方がいいです。12月22日の夜にビットコインは130万円台まで暴落しましたが、すぐに160万円台に回復しました。暴落した際などは必ず戻しがあるので、暴落中に慌てて売ってしまうと損をする可能性が高いです。

また次回

12月22日の仮想通貨相場は、ほとんどが10%前後下落する展開になっています。そんな中リップルだけは高騰する展開になっていて150円を突破しました。2017年も実質来週で最後です。仮想通貨市場は年末年始も関係ないですが、参加者は減少すると思うので、下落する可能性は高いのではないでしょうか。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所


当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧