仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2月2日の仮想通貨相場は、全体的に大幅下落しています。ビットコインは久しぶりに100万円を割って、アルトコインは20%~30%下落している状況です。さまざまなニュースがあるので、原因を特定することは難しいですが、総合的にマイナス材料が多く下落している印象です。

目次

  • 2月2日の状況
  • コインチェックに立ち入り検査
  • また次回

2月2日の状況

2月2日の仮想通貨相場は、全体的に大幅下落しています。ビットコインは久しぶりに100万円を割って、アルトコインは20%~30%下落している状況です。上記の主要な仮想通貨以外も総じて下落しています。コインチェックの不正流出、テザー騒動、規制などさまざまなニュースがあるので、原因を特定することは難しいですが、総合的にマイナス材料が多く下落している印象です。

資産状況

資産は94万円くらいで、遂に100万円を割ってしまいました。資産が100万円以下になるのは昨年の12月13日以来です。原資が約30万円なのでまだ3倍の余裕があるわけですが、ピーク時は300万円超えていましたので、結構きついですね…。モナコインとNEMは購入価格を大きく下回ってしまっているので、損切りして他にあてようかなと思っています。

コインチェックに立ち入り検査

このニュースが相場下落にどこまで影響しているかわかりませんが、金融庁がコインチェックに立ち入り検査をしました。金融庁は「顧客保護に万全を期し、取引再開までの措置を監視する。企業統治も検証し、財務状況にも注視する」と説明したようです。このコメントを見る限り、マイナスというよりは金融庁がしっかり監視してくれてプラスにも捉えられる内容かなと思います。

集団訴訟の動き

コインチェックを提訴へ 被害者弁護団を結成 | NHKニュース

弁護士が被害者の弁護団を作り、会社に対して裁判を起こす準備を進めているようです。これまでに10人ほどの被害者から相談を受けていて、今月中旬にも東京地方裁判所に提訴するといいます。これだけ大きな問題だと仕方ないことですし、人数はもう少し増えるかもしれません。

また次回

2月2日の仮想通貨相場は、全体的に大幅下落しました。ビットコインは久しぶりの100万円割れです。マイナスなニュースばかりが目立っている状況ですが、落ち着くまではどうしようもなさそうです。私は含み益が出ている仮想通貨はそのまま、含み損が出ている仮想通貨は損切りして他にあてていこうと思っています。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧