仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月28日の仮想通貨相場は、大きな変化はなく軟調な推移になっています。主要な仮想通貨は±5%前後の値動きです。ただ、時価総額上位100位を見ると40%程上昇している種類もあります。大きなニュースとしてはコインベースがERC20への対応を発表しました。

目次

  • 3月28日の状況
  • コインベースがERC20への対応を発表
  • COMSAに久しぶりの動き
  • また次回

3月28日の状況/h2>

3月28日の仮想通貨相場は、大きな変化はなく軟調な推移になっています。主要な仮想通貨は±5%前後の値動きです。LitePay(ライトペイ)が活動停止を発表した影響か、ライトコインが他の仮想通貨に比べて下落している印象があります。ただ、時価総額上位100位を見ると40%程上昇している種類もあり、種類によって大きく違いが出ている状況です。

小見出し資産状況

資産は72万円くらいです。

コインベースがERC20への対応を発表見出し

昨日3月27日、アメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースがERC20への対応を発表しました。具体的な時期は未定ですが、数ヶ月中と発表しています。ERC20とはイーサリアム上で発行されるトークンの規格で、数千種類のトークンで利用されています。時価総額上位だとEOSやTenXなどが該当します。現在のところ取り扱い通貨は未定ですが、コインベースは上場している仮想通貨が少ないので、ERC20のトークンが上場となれば大きな話題になりそうです。

COMSAに久しぶりの動き

Zaifを運営するテックビューロが展開するICOプラットフォームのCOMSAに、久しぶりに動きがありました。スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパと世界的な機械式腕時計ブランドであるChronoswiss社が、スイスを開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたようです。この発表により、COMSAのCMSトークン価格は15円程値上がりし、70円台になりました。ただ、ICO価格を下回る状況は続いています。

また次回

3月28日の仮想通貨相場は、小幅な値動きで軟調な推移となっています。ただ、プラスのニュースも出てきているので、今後トレンドが変わってくれることを期待したいですね。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧