仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ゴールデンウィークもちょうど折り返し地点になりました。仮想通貨相場は日々動いていますが、ゴールデンウィーク中にまだ大きな変化はなく、ビットコインは100万円前後で推移している状況です。時価総額は45兆円程度で推移しています。

目次

  • 5月1日の状況
  • 2017年ゴールデンウィークの再来は?
  • また次回

5月1日の状況

ゴールデンウィークもちょうど折り返し地点になりました。仮想通貨相場は日々動いていますが、ゴールデンウィーク中にまだ大きな変化はなく、ビットコインは100万円前後で推移している状況です。時価総額は45兆円程度で推移しています。今日5月1日は全体的にやや下落していて、上昇している種類は少ないです。

資産状況

資産は98万円くらいです。

2017年ゴールデンウィークの再来は?

2017年のゴールデンウィーク前後は、仮想通貨相場が高騰しました。2017年4月に改正資金決済法が施行されて、新たに仮想通貨投資を始める方が急増したことなどが理由です。では今年はどうなのでしょうか?

まず新規の口座開設者は昨年に比べると多くないです。コインチェックの不正流出事件の影響は大きく、各社口座開設数は落ちています。ですので、個人の新規参入はあまり見込めないかなと思っています。機関投資家とか既存投資家の動きがどれだけ活発になるかがポイントなのかなと思います。規制関係も重要ですね。日本は新しい団体が設立され、再び活気づきそうな雰囲気ですが、各国の動向は影響が大きいです。

後はやはり実利用ですね。決済が中心になると思いますが、使われるようになる土台がどれだけ整うかが重要だと思います。

緩やかな上昇に期待

個人的には一気に高騰するよりも、緩やかに年度末にかけて昨年のピーク時価格に近づいていくような展開がいいのかなと思っています。投機が熱くなると冷めた時の反動も大きいので。

また次回

5月1日の仮想通貨相場は、全体的に下落しました。ただ、ゴールデンウィーク中の仮想通貨相場は大きな変化なく、横ばいといった感じです。後半はどのような動きになるのでしょうか。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧