仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

6月11日の仮想通貨相場は、大幅に下落しています。9日土曜日は堅調に推移していましたが、10日日曜日に大幅な下落をはじめ、週明けの11日も下落が続いています。韓国の仮想通貨取引所コインレイルがハッキングを受けたことが要因と言われていますが、どうなのでしょうか。

目次

  • 6月11日の状況
  • 仮想通貨相場、下落の原因は?
  • また次回

6月11日の状況

6月11日の仮想通貨相場は、大幅に下落しています。9日土曜日は堅調に推移していましたが、10日日曜日に大幅な下落をはじめ、週明けの11日も下落が続いています。10%前後下落している種類が多く、最大で25%程下落している種類もあります。上昇している種類は非常に少ないです。

資産状況

資産は73万円くらいです。

仮想通貨相場、下落の原因は?

下落の原因として言われているのが、韓国の仮想通貨取引所コインレイルがハッキングを受けたことです。ただ、コインレイルは非常に規模の小さい取引所で、どこまで影響を与えているかは微妙です。このニュースが流れ、市場が売りに傾いた可能性はありそうです。

もう一つの原因として有力なのが、CFTC(米商品先物取引委員会)がビットコイン先物の価格操作の疑いで主要な取引所を調査しているという報道です。以前から先物価格の不透明感が指摘されていたようで、当局が動き出した形になります。影響の大きさとしては、こちらの方が大きいのではないでしょうか。

また次回

6月11日の仮想通貨相場は、大幅に下落しました。特にCFTCは影響を与えている可能性が大きそうで、注視する必要がありそうです。6月に入り比較的堅調に推移していたので残念ですが、吹き飛ばすような好材料が出ることを期待したいですね。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧