仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

6月20日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もありますが、全体的に値動きは小さく横ばいの展開です。ビットコインは72万円~75万円のレンジで推移しています。ニュースとしては、韓国の大手取引所ビッサムでハッキング被害がありました。

目次

  • 6月20日の状況
  • 韓国の大手取引所ビッサムでハッキング被害
  • また次回

6月20日の状況

6月20日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もありますが、全体的に値動きは小さく横ばいの展開です。ビットコインは72万円~75万円のレンジで推移しています。大手取引所への行政処分報道や韓国の大手取引所ビッサムのハッキング被害などネガティブな要因は多いですが、そこまで価格には影響していないようです。

今後は仮想通貨投資しないが5割

日経マネーが実施した「個人投資家調査」(1万3137人から回答)によると、今後も仮想通貨投資を続けるかという質問に対し、5割近くが「今後は投資しない」と回答したようです。6割が含み損を抱えている状態と言います。取引所の不正流出や相場下落などがあり、なかなか手が出しづらい状況なのかもしれません。ただ、状況が良くなれば戻ってくる層とも思われるので、今後に期待ですね。

資産状況

資産は72万円くらいです。

韓国の大手取引所ビッサムでハッキング被害

韓国の大手取引所ビッサムでハッキング被害がありました。3,000万ドル(約33億円)相当の仮想通貨が盗難されたようです。盗まれた仮想通貨はビッサムが補償する方針です。韓国では先日、コインレールでハッキング被害があったばかりです。こうしたニュースがあると相場にも影響を与えますので、セキュリティを最優先に動いてほしいですね。

また次回

6月20日の仮想通貨相場は、昨日と横ばいの推移となっています。大きく動いている仮想通貨はありません。ネガティブな要因は多いですが、何とか踏み止まっている感じでしょうか。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧