仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月25日、仮想通貨相場は全面高となっています。ビットコインは7%程度上昇し94万円台を記録、アルトコインも総じて5%~10%上昇しています。SECはCBOEが申請したビットコインETFを前向きに検討していると報じられ期待感が高まっているようです。

目次

  • 仮想通貨全面高
  • ビットコインETF上場承認へ前向き
  • 大相場になるか

仮想通貨全面高

7月25日、仮想通貨相場は全面高となっています。ビットコインは7%程度上昇し94万円台を記録、アルトコインも総じて5%~10%上昇しています。仮想通貨相場は今年に入り長く低迷していましたが、先週あたりから潮目が変わり、特にビットコインは上昇を続けています。ビットコインが仮想通貨全体に占める時価総額の割合は47%まで高まっており、上昇率が高いことがわかります。

ビットコインETF上場承認へ前向き

相場が上昇している要因として、CBOE(シカゴオプション取引所)が申請しているビットコインETFに対し、SECが前向きに検討していると報じられたことが挙げられます。今秋にも上昇承認される見込みと伝わっており、期待感が高まっていると言えるでしょう。

また、仮想通貨への参入検討が伝えられているブラックロックがビットコインETFを販売すれば、最大で650万円まで上昇するといった試算も出ています。

加えて、フェイスブックやGoogleは仮想通貨広告の全面禁止から一部承認する方針に切り替え、コインベースなどの広告は出稿が再開されました。全体的に好材料が目立ってきている状況です。

大相場になるか

ビットコインETFが今秋に認可されることになれば、大相場になる可能性もありそうです。日本では、コインチェックのサービス再開や新規参入も控えており、時期的にも重なる可能性があります。どうなるかはわかりませんが、漂っていた閉塞感はなくなりつつあり、上昇に向かっていく可能性が高まっていると言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧