仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

9月20日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もあり、まちまちな展開となっています。Zaifで67億円相当の仮想通貨が不正アクセスにより流出する事件がありましたが、そこまで影響は受けていないようです。

目次

  • 9月20日の状況
  • Zaifで不正アクセス、金融庁立ち入り検査へ
  • また次回

9月20日の状況

9月20日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もあり、まちまちな展開となっています。ビットコインは70万円を一時割りましたが、現在は71万円前後で推移しています。アルトコインではZaifが早くから扱っているNEMやモナコインが下落しましたが、そこまで大きくは下落していません。通常、大きなハッキングがあった際は、相場は下落しますが、そうした思惑から買いが発生したのかもしれません。

資産状況

資産は55万円くらいです。

Zaifで不正アクセス、金融庁立ち入り検査へ

仮想通貨交換所のZaifが不正アクセスによるハッキング被害を受け、約67億円相当の仮想通貨が流出しました。コインチェックと比べると額は小さいですが、普通に考えるととんでもなく大きな金額です。今回の流出を受け、金融庁はZaifを運営するテックビューロに立ち入り検査を実施する方針と伝えられています。テックビューロは金融庁から2度の業務改善命令を受けています。

信頼回復の最中に起きた

コインチェックの不正流出事件以降、金融庁は仮想通貨交換所への監視を強化し、立ち入り検査などを実施してきました。業界としても自主規制団体を設立し年内の施行を目指すなど信頼回復に向けて動いてきました。その最中にこの事件はかなり深刻だと思います。少なくとも新たに仮想通貨を始めようという人は減少するでしょう。

既にフィスコが50億円を提供する金融支援、テックビューロの株式の過半数を取得する資本提携を行う予定で、利用者の資産に問題はなさそうですが、このタイミングでハッキング事件が起きたことは非常に残念です。

また次回

9月20日の仮想通貨相場は、種類ごとにまちまちな展開となりました。Zaifの不正流出事件は非常に残念ですが、相場に大きな影響は出なかったようです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧