仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

9月14日の仮想通貨相場は昨日同様に下落しています。そんな中、気を吐いているのがMoneroです。15日に行われるハードフォークが好感されているようです。中国の問題で動きづらいですが、好材料が出て上昇する余地はどの仮想通貨にもありそうです。

目次

  • 9月14日の状況
  • 下落相場で出来ること
  • また次回

9月14日の状況


9月14日の仮想通貨相場はあまり変わっていませんが、昨日同様に下落している種類が多いです。中国取引所の問題が相変わらず不透明なので動きが出にくい状況になっている感じです。そんな中、気を吐いているのがMoneroです。15日に行われるハードフォークが好感されているようです。Helium Hydraというソフトウェアへ移行し、機能向上や機能追加が行われるようです。

不透明な状況で上昇する仮想通貨も

中国取引所の件がどうなるかわからず不透明な状況が続く中、Moneroのように上昇している仮想通貨もあります。7月は好材料が出ても全く反応しないような感じだったと思うので、それに比べると明るい兆しもあるように思います。中国の件が落ち着けば回復は早いかもしれません。

資産状況


資産は26.1万円くらいです。

下落相場で出来ること

仮想通貨に限った話ではないですけど、相場は上昇する場面もあれば下落する場面もありますね。私は上昇するのを見越して購入しかしていませんが、仮想通貨にはレバレッジ取引もあります。レバレッジ取引ならショート(空売り)ができるので下落相場でも利益を出せるチャンスがあります。売りから入るので下落すれば利益です。

国内ではビットコインとイーサリアムしかレバレッジ取引をすることができませんが、昨日GMOコインがアルトコインのレバレッジ取引も開始予定と発表しました。Ethereum、リップル、Litecoin、Ethereum Classic、Bitcoin Cashの5つを扱うようで取引の選択肢が広がりそうです。

取引所間の価格差を利用したアービトラージ取引も、下落相場でも利益を出せる方法です。価格の安い取引所で買って、価格の高い取引所に送金して売る方法です。私ももう少し余裕が出てきたら、レバレッジ取引にも挑戦したいなと思っています。

また次回

9月14日の仮想通貨相場はあまり変化がない状況でしたが、Moneroだけ回復しています。中国取引所の件は早く詳細が発表されてほしいです…。ではまた次回、楽しみにしていてください。
使っている取引所


当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧