仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年4月に入り、ライトコインの価格が急騰しています。3月末までは1LTC450円前後で推移していましたが、4月に入り1,000円を超えました。他のアルトコインも価格が上昇しており、ビットコイン以外の仮想通貨投資が活発化してきています。

目次

  • 【2017年4月】ライトコイン価格が急騰中
  • 他のアルトコインも価格が上昇している
  • 背景にはビットコインのハードフォーク問題がある?
  • ライトコインを購入する方法
  • ライトコインやアルトコイン価格に注目

【2017年4月】ライトコイン価格が急騰中


2017年4月に入り、ライトコイン価格が急騰しています。3月29日までは1LTC450円前後で推移していましたが、30日に約800円に急騰し4月5日には約1,280円まで上がりました。わずか数日で約3倍の上昇を見せています。

ライトコインはビットコインが金だとしたら銀を目指すという目的のもと始まった仮想通貨です。機能的にはビットコインとほとんど一緒ですが、マイニングが一般のパソコンのCPUで可能だったりブロック生成が2分と高速だったりする特徴があります。発行総量も8400万とビットコインより多くなっています。

他のアルトコインも価格が上昇している

価格上昇しているのはライトコインだけではありません。ビットコイン以外のアルトコインもいくつか上昇している状況です。例えばリップルは4月1日に約2.5円でしたが2日に6円まで上昇しました。ドージコインも0.03円前後から0.05円前後に上昇しています。いくつかのアルトコインが2倍~3倍上昇していますが、背景には何があるのでしょうか?

背景にはビットコインのハードフォーク問題がある?

ライトコインなどのアルトコイン価格上昇の背景にあると思われるのが、ビットコインのハードフォーク問題です。ビットコインは取引量の増加により現在のブロックサイズでは対応しきれなくなってきています。ブロックサイズを維持し圧縮することでブロック内の許容量を増やす対策(SegWit)を取りたい派閥とブロックサイズそのものを大きくする対策(アンリミテッド)を取りたい派閥に分断されており、ハードフォークして分裂させようという話題が出てきているのです。

ライトコインがSegwitを採用する可能性

実は現在、ライトコインがSegwitを採用しようと動いています。ビットコインのブロックサイズ問題を解決する手段をいち早く採用しようとしており、注目を集めているのです。おそらくライトコインの価格上昇はこのSegwitが大きな要因になっています。

ライトコインを購入する方法

ライトコイン価格が上昇しているので、購入したいと思っている方も多いと思います。ただ、ライトコインは日本の取引所で扱っておらず、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。おすすめはPoloniex(ポロニエックス)です。世界最大級の取引量を誇っており、英語ですが画面が見やすく使いやすいです。ライトコインなど100種類以上のアルトコインを扱っているため、アルトコイン投資をするには便利な取引所になります。

ライトコインやアルトコイン価格に注目

ライトコイン価格はわずか数日で3倍になっており、Segwitの状況によってはより上昇する可能性もあるでしょう。他のアルトコインも価格上昇しているものが多く目が離せません。ビットコインはアルトコイン価格に大きく影響を与えます。特にビットコインに発生した問題を解決するようなアルトコインは投資の狙い目になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧