仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、ロシアにおける商業銀行であるSBI BANKは、米国のFinTech企業R3社が主導するブロックチェーンコンソーシアムに参加することを発表しました。

目次

  • ロシアのSBI Bank(SBI子会社)、R3社が主導するブロックチェーンコンソーシアムに参加
  • SBIグループはR3社の外部筆頭株主

ロシアのSBI Bank(SBI子会社)、R3社が主導するブロックチェーンコンソーシアムに参加

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、ロシアにおける商業銀行であるSBI BANKは、米国のFinTech企業R3社が主導するブロックチェーンコンソーシアムに参加することを発表しました。

R3社はブロックチェーン関連技術に強みを持つ米国のスタートアップ企業で、金融取引を記録・処理するための分散台帳技術プラットフォームであるCordaの商用化に向けた取り組みを進めています。R3社が主導するコンソーシアムには、世界各国の有力な金融機関等200社以上が参加しており(2018年4月12日現在)、コンソーシアムに参加する金融機関において、分散台帳技術のシンジケートローンや貿易金融での活用に向けた実証実験を進めるなど、同技術の金融サービスへの活用を推進しています。

SBI BankはR3社のコンソーシアムに参加することで、ロシア市場おいてCordaを活用した新たな革新的な金融サービスの導入を目指します。

SBIグループはR3社の外部筆頭株主

SBIホールディングスの100%子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメントは、R3社へ出資をしており外部筆頭株主となっています。SBIは世界で初めてR3社が主導するコンソーシアムに参加し、分散台帳技術に関する情報収集および分散台帳技術プラットフォームの研究を進めてきた中で、出資を機に分散台帳技術の活用に向けたR3社との連携を強化していました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧