仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。

目次

  • セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始
  • テスト運用について
  • 今後の取り組み

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。カエルパルコとはPARCOに出店しているテナントが発信するショップブログから商品をWeb上で取り置き・購入できるサービスになります。

カエルパルコ

テスト運用について

今回のテスト運用は、グローリー株式会社の宅配ボックスLEBシリーズを池袋PARCO店頭に設置し、「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに実施します。商品が宅配ボックスに配送されると、注文者に鍵情報の記録されたQRコードがメールで送付。注文者は送付されたQRコードを利用し認証を実施し、宅配ボックスを開錠します。ECサイトを利用する一般消費者は「いつでもどこでも商品が購入でき、安全・安心に24時間365日好きなところで受け取れる」というメリットがあります。

テスト運用におけるデータ連携について

ロッカー管理システムで定評のあるグローリーの「GCAN」のデータを、GMOインターネット株式会社のPaaS型ブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」に連携・記録します。データ連携にはセゾン情報システムズのグループ企業、株式会社アプレッソが開発した「DataSpider Servista ブロックチェーンアダプタ」を利用し、ブロックチェーン上に予約情報や入出庫情報を書き込みます。ブロックチェーンの特性上、この記録は半永久的に証明・保証することができ、対面取引と同等の配送品質に近づけることが可能となります。

今後の取り組み

セゾン情報システムズでは、今回の一般消費者向けテスト運用を皮切りに、宅配ボックス事業において既に多くの実績があるグローリーと協業することにより、ECサイト利用者の利便性拡充と再配達問題の解消を更に追求、、本人認証、トレーサビリティ、スマートコントラクト、セキュアで安定したデータ連携等の機能強化を推進していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧