仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ユニセフオーストラリアが「The Hope Page」というサイトを公開しました。閲覧者がコンピューターの処理能力を提供することで、仮想通貨マイニングが行われ、その収益が寄付される仕組みです。

目次

  • ユニセフが仮想通貨マイニングによる寄付サイトを公開
  • 寄付のやり方
  • 新しい寄付の仕組み

ユニセフが仮想通貨マイニングによる寄付サイトを公開


Leonard Zhukovsky / Shutterstock.com

ユニセフオーストラリアが「The Hope Page」というサイトを公開しました。閲覧者がコンピューターの処理能力を提供することで、仮想通貨マイニングが行われ、その収益が寄付される仕組みです。寄付したお金は水や食糧など、バングラディシュの子供達を救うために使われます。

寄付のやり方

https://www.thehopepage.org/」にアクセスして、中央の「START DONATING」をクリックします。


その後、上記画像の案内が表示されますので、「このセッションを許可する」をクリックすれば完了です。このユニセフのウェブサイトにアクセスしている間、コンピューターの処理能力を提供する仕組みになります。つまり、長くウェブサイトを閲覧するほど寄付できる金額が上がる可能性があります。なお提供する処理能力は20%~80%まで選択することが可能です。

新しい寄付の仕組み

サイト閲覧者の処理能力を借りて仮想通貨マイニングを行う仕組みは以前から存在していますが、ユニセフのような機関が採用したことで、実施するWEBサイトが増えるかもしれません。ただ、ユニセフのようにWEBサイトの信頼性が高くないと、参加するユーザーは少数になると思われるので、何かしらの工夫が必要になるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧