仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

コインチェックを買収したマネックスグループが、アメリカで仮想通貨事業参入を検討していることがブルームバーグのインタビューでわかりました。現在は調査している段階のようですが、アメリカ進出に関しては意欲を見せています。

目次

  • マネックス、アメリカで仮想通貨事業参入を検討
  • コインチェックは事業者登録なるか

マネックス、アメリカで仮想通貨事業参入を検討

コインチェックを買収したマネックスグループが、アメリカで仮想通貨事業参入を検討していることがブルームバーグのインタビューでわかりました。現在は調査している段階のようですが、アメリカ進出に関しては意欲を見せています。インタビューによると、アメリカ進出に意欲的な理由は、日本がアメリカ型の仮想通貨関連法整備を行うとみているためのようです。

マネックスは仮想通貨で米国進出を検討、コインチェック買収で動く

コインチェックは事業者登録なるか

マネックスが買収したコインチェックは、現状承認が下りていない「みなし業者」にあたります。4月6日の会見で松本社長は、2ヶ月を目標に事業者登録を取得したい考えを明らかにしています。後、1ヶ月ほどになりますが、6月中のサービス全面再開は実現するのでしょうか。

コインチェックは本日5月18日、MoneroやDASHなど4種類の仮想通貨を6月18日より取り扱い廃止することを明らかにしました。事業者登録には匿名仮想通貨の廃止は必須と見られていましたので、もしかすると6月18日までに登録が完了しサービス再開という可能性もあるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧