仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

アクセルマーク株式会社が開発中のブロックチェーンゲーム第一弾『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』が、デッキ戦略と目利きが求められるゲームシステムを公開しました。

目次

  • ブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント」、デッキ戦略と目利きが求められるゲームシステムを公開
  • 快適なゲームプレイ環境の提供

ブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント」、デッキ戦略と目利きが求められるゲームシステムを公開

アクセルマーク株式会社が開発中のブロックチェーンゲーム第一弾『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』が、デッキ戦略と目利きが求められるゲームシステムを公開しました。

『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』はEthereumにおけるスマートコントラクトの1つであるERC-721に準拠して開発されたトレーディングカードゲームです。ERC-721はNFT(Non-Fungible Token)と呼ばれ、その特徴は全てのトークンが別々の個性を持ち、複製できない点にあります。この特徴を利用し、本ゲームのサーヴァント(カード)情報をトークンとして管理することで、ユーザーのサーヴァント(カード)のステータスが異なる、代替え不可能な資産となります。

従来のトレーディングカードゲームではゲーム運営会社によりカードが発行され、その組み合わせでデッキ編成を行うことが基本でした。同一カードのステータスは均一化されており、ゲーム内でパフォーマンスが出やすいデッキ構成はユーザー同士で似通ったものになりがちでした。また確率でアイテムを獲得する手法を採用しているゲームでは、戦術の実行に至るまでの難易度が高い状況も生まれています。

『コントラクトサーヴァント』では、ユーザーがサーヴァント(カード)から新たなサーヴァント(カード)を生み出し、新しい戦術を創造することができます。生み出される全てのサーヴァント(カード)は異なるステータスを持つよう設計しており、サーヴァント(カード)が生まれた瞬間から、サーヴァントの見た目、行動する順番、攻撃範囲、スキルなどが暗号文字列により決定される仕様としました。さらに、本ゲームではユーザーが必要と考えたステータスのサーヴァント(カード)をマーケットから選んで購入できるため、最速で戦術を完成させることが出来ます。

これまでにないデッキ戦略と、サーヴァントの真の価値を見抜く“目利き”がユーザーに求められるゲームとなります。

快適なゲームプレイ環境の提供

本ゲームはレスポンシブWebデザインを採用しており、パソコンのほかスマートフォンでもプレイ可能です。様々なデバイスにおいてブロックチェーン情報をゲーム内で素早く表示させるため、トークンやオークション情報をレプリケーションすることでデータアクセスの効率化を図り、快適なゲームプレイ環境を実現します。さらに市場のGas価格をリアルタイムで監視し、ゲーム内でトランザクションを送信する際にGas価格をユーザーに提案する機能を実装します。

ブロックチェーンゲーム初心者向けゲーム体験の向上

非トークンのサーヴァント(カード)を実装することでETHを所持していないユーザーに対し、ゲームを体験出来る仕組みを導入予定です。また、ゲストモードではブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる「メタマスク」や「ウォレットブラウザ」無しでゲームの一部を体験出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧