仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

アート×テクノロジーを主軸に様々な事業を展開するスタートバーン株式会社は、UTEC4号投資事業有限責任組合を引受先とする約1億円の第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達により3つの事業を展開します。

目次

  • アート×テクノロジーのスタートバーン、UTECから1億円超を調達
  • アート×ブロックチェーンネットワークとは

アート×テクノロジーのスタートバーン、UTECから1億円超を調達

アート×テクノロジーを主軸に様々な事業を展開するスタートバーン株式会社は、UTEC4号投資事業有限責任組合を引受先とする約1億円の第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達により3つの事業を展開します。

1、文化・芸術品などの管理に特化したアート×ブロックチェーンネットワークの構築

文化・芸術品の管理に特化した、アート×ブロックチェーンのネットワークを構築します。アート×ブロックチェーンネットワークは、作品の来歴管理、基本情報の共有、そして作品証明書の発行および作品管理のために使用することを想定して、2018年9月末より試験運用を開始、営利・非営利問わず関係機関を横断した情報共有網を実現します。

2、アート×ブロックチェーンネットワークと連動する自社運営ウェブサービス「Startbahn BCM(仮称)」の提供

アート×ブロックチェーンネットワークは多くの関連機関が使用できる脱中心的なシステムとなります。Startbahn BCM(仮称、Blockchain based Marketplaceの略)はそのネットワークを活用する一つのウェブサービスという位置付けになります。Startbahn BCMでは作品の売買管理の他、1)のネットワークを活用した作品の証明書の発行や来歴情報の閲覧が手軽に行える環境をはじめ、アートなどの販売および管理に有用なサービスを2018年9月末から提供開始予定です。

3、ブロックチェーン×コーポレートの共同開発事業を開始

アート×ブロックチェーンネットワーク構築の知見を応用して、文化・芸術だけでなく「情報共有、来歴管理、証明書発行、真贋鑑定」などを必要とする事業者とブロックチェーン事業の共同開発を行います。

アート×ブロックチェーンネットワークとは

芸術・文化に関わる作品には公開・共有すべき「作品のタイトルやサイズ、制作年、作者情報、来歴情報、真贋情報」などの情報と、共有を目的としない「所有者の個人情報や販売管理者の為の管理情報」などがあります。

公開・共有すべき情報は、アート、そしてアートマーケットの発展において、以前からブロックチェーン上で管理することの可能性が語られてきました。一方、ギャラリーやオークション・ハウス、関連業者などにとっては顧客の個人情報を管理することがビジネスの要となるため、万が一にも漏洩するようなことはあってはならず、センシティブに管理をしたいという要望があります。

このような環境を考慮して、公の資産を共有し、営利非営利目的に関わらず、様々なプレイヤーの活動をサポートすることを目的としたアート×ブロックチェーンネットワークを構築します。このネットワークを活用することで、どの参加機関も独自の作品証明書発行サービスを行なったり、作品売買・管理ができるようになります。また、それぞれの機関が運営中のサービスにアート×ブロックチェーンネットワークを組み込んでアップデートすることもできます。

第一段階のアート×ブロックチェーンネットワーク公開は9月末を予定しています。第一段階では後述するStartbahn BCM(仮称)および一部パートナー機関のみで試験運用をし、参加予定機関のヒアリングを元に2019年初に正式版を公開する予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧