仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社丸井グループは、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際的イニシアチブ『RE100』に加盟しました。取り組みの一環として、ブロックチェーン技術により供給元の再エネ発電所の特定を実現するみんな電力株式会社の「ENECT RE100プラン」のトライアルに参加します。

目次

  • 丸井グループが『RE100』に加盟
  • ブロックチェーンによる「再エネ電力」導入を推進

丸井グループが『RE100』に加盟

株式会社丸井グループは、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際的イニシアチブ『RE100』に加盟しました。丸井グループは、2030年までに事業活動で消費する電力の100%を再生可能エネルギーにする目標を掲げており、中間目標として、2025年までに事業活動で消費する電力の70%を再生可能エネルギーにする予定です。

『RE100』について

国際的なNGO団体である「The Climate Group」がCDPと連携して推進する国際イニシアチブであり、加盟した企業は、可能な限り早い時期で遅くとも2050年までに、再生可能エネルギー源から事業活動で使用される電力の100%を調達するという目標を宣言し、公表することになっています。

ブロックチェーンによる「再エネ電力」導入を推進

丸井グループは取り組みの一環として、みんな電力株式会社の新たなサービス「ENECT RE100プラン」のトライアルに参加し、再エネ電力サービスの導入を推進していきます。このサービスは日本で初めて、ブロックチェーン技術により供給元の再エネ発電所の特定(電源のトレーサビリティー)を実現するもので、『RE100』が重視する再エネ電力調達の原則に沿うものと考えているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧