仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

熊本電力などが参加する熊本ブロックチェーンカンファレンス2018実行委員会は、2018年8月3日(金)に熊本ブロックチェーンカンファレンス「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」を開催します。

目次

  • 熊本電力など「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」を開催
  • 講演内容

熊本電力など「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」を開催

熊本電力などが参加する熊本ブロックチェーンカンファレンス2018実行委員会は、2018年8月3日(金)に熊本ブロックチェーンカンファレンス「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」を開催します。また、一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野 洋一郎、インフォテリア株式会社 代表取締役社長、以下BCCC)が後援を行います。

熊本ブロックチェーンカンファレンス2018実行委員会の企業

・株式会社熊本日日新聞社
・熊本県山都町
・熊本バスケットボール株式会社
・熊本電力株式会社
・株式会社かんのんざか

講演内容

■基調講演
平野 洋一郎「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」

■事例紹介
CASE1 畑村 匡章(株式会社グッドラックスリー 取締役)
「福岡発ベンチャーがブロックチェーンに取り組む意義」

CASE2 川田 修平(株式会社フィノバレー 代表取締役社長)
「飛騨信組の電子地域仮想通貨『さるぼぼコイン』による地域活性化の取り組み」

CASE3 内村 安里(熊本バスケットボール株式会社 代表取締役CEO/共同代表)
「ブロックチェーンとトークンエコノミーによる地域プロスポーツの新しい可能性」

CASE4 竹元 一真(熊本電力株式会社 代表取締役CEO)
「熊本におけるマイニングファーム構想と地域創生」

■開催概要
開催日: 2018年8月3日(金)
時間 : 17:30開場、18:00~21:00
会場 : 市民会館シアーズホーム夢ホール[大会議室](熊本市中央区桜町1番3号)
対象 : 企業、団体、自治体の方
定員 : 200名(先着順受付)※定員になり次第受付締切
詳細 :https://prtimes.jp/a/?f=d24573-20180719-3412.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧