仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIホールディングスは、グループ会社を通じて、仮想通貨c0bansと動画広告を組み合わせたサービスを展開している株式会社LastRootsに対する追加出資を行いました。LastRootsに役員を派遣し経営管理態勢の強化を図るとともに、同社の仮想通貨交換業登録及び事業成長を支援します。

目次

  • SBIグループ、LastRootsに追加出資
  • 仮想通貨交換業登録へ

SBIグループ、LastRootsに追加出資

SBIホールディングスは、グループ会社を通じて、仮想通貨c0bansと動画広告を組み合わせたサービスを展開している株式会社LastRootsに対する追加出資を行いました。LastRootsは2016年7月にICOにて6億円超の資金調達を実施し、動画広告と仮想通貨を組み合わせた広告サービスプラットフォーム「こばんちゃんねる」及び仮想通貨取引所(c0ban取引所)の開発・運営を行っています。

「こばんちゃんねる」は、動画広告が完全視聴された場合、視聴者(見込み顧客)にc0banを付与する成果報酬型広告プラットフォームです。LastRootsは、広告主、視聴者、c0ban取引所間のエコシステムの実現に向けて、日常生活での利用シーンの拡大と海外市場への展開に取り組んでおり、2018年7月には「こばんちゃんねる」における月間c0ban付与回数が500万回を突破しました。

仮想通貨交換業登録へ

SBIグループは、既に2017年12月にLastRootsへの出資を行っています。LastRootsは、現在みなし仮想通貨交換業者であり、仮想通貨交換業登録に向けて社内態勢の強化の準備を進めています。このたびの追加出資により、2018年4月6日に関東財務局からLastRootsが受けた業務改善命令に対応するべく、SBIグループはLastRootsに役員を派遣し経営管理態勢の強化を図るとともに、同社の仮想通貨交換業登録及び事業成長を支援する予定です。

みなし業者は16社程ありましたが、業務停止命令や業務改善命令によりLastRootsやコインチェックなど3社しか残っていない状況で、登録されるか注目されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧