仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

楽天証券株式会社は、よりセキュリティの高い環境を提供すべく、ID・パスワードを入力せず、スマートフォンの指紋や顔認証、端末の認証(パターン、パスワードなど)でログインすることが可能な新たなログイン方法の提供を開始することを発表しました。

目次

  • 楽天証券、ブロックチェーンを活用したログインシステムを開始
  • ブロックチェーン技術を活用

楽天証券、ブロックチェーンを活用したログインシステムを開始

楽天証券株式会社は、よりセキュリティの高い環境を提供すべく、ID・パスワードを入力せず、スマートフォンの指紋や顔認証、端末の認証(パターン、パスワードなど)でログインすることが可能な新たなログイン方法の提供を開始することを発表しました。まずはこの秋リリースするPCインストール版のトレーディングツール「MARKETSPEED Ⅱ」に実装し、他サービスやデバイスに順次拡大予定です。

ブロックチェーン技術を活用

本ログイン方法は、ブロックチェーン(分散型台帳)など最先端のFinTech技術を活用しており、お客様の認証情報を暗号鍵として、お客様、楽天証券、セコムトラストシステムズ株式会社で分散保管され、全ての認証が通らないとログインできない日本初の仕組みになります。ログイン時には、ID・パスワードの入力は必要なく、PCと連携するスマートフォンに通知が送られ、スマートフォン側で指紋や顔、パスワードで認証するとPCにログインできるようになります。これにより、不正ログインや改ざんの心配を軽減し、お客様に更なる高セキュリティな環境を提供することができるようになります。

なお、本取組みは、証券会社やFintech企業、大手テクノロジー企業など51社が参加し、新たな金融インフラの検討を目指している「証券コンソーシアム」にて楽天証券がリーダーのワーキンググループ「KYC(本人確認)共通化」の第1号案件です。よりセキュリティが確保された業界にするべく、「証券コンソーシアム」参加企業に本技術の推進・導入を進めていきます。

楽天証券では、従来までもログイン時・お取引時に異なるパスワードを入力することや、スマートフォンからのログインにあたっての生体認証の導入など、本人認証の厳格化や高度化の取組みを実施していました。今回の新たなログイン方法に加え、お客様が安心・安全に当社をご利用いただくため、今後も最先端技術を活用したサービスを提供していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧