仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社ドリコムは、より自由なDApps開発を支援するERC721拡張スマートコントラクト「||||||(6 pillars)」(シックスピラーズ)を発表しました。

目次

  • ドリコム、DAppsをまたいで利用可能なトークンを、誰でも生成できるERC721拡張スマートコントラクト 「||||||(6 pillars)」を発表
  • 特徴や利用例

ドリコム、DAppsをまたいで利用可能なトークンを、誰でも生成できるERC721拡張スマートコントラクト 「||||||(6 pillars)」を発表

株式会社ドリコムは、より自由なDApps開発を支援するERC721拡張スマートコントラクト「||||||(6 pillars)」(シックスピラーズ)を発表しました。「||||||」は DApps をまたいで利用可能なトークンを誰でも生成できる、Ethereum 上で動作するERC721拡張スマートコントラクトです。生成されたトークンには不変なデータが明記され、開発者がそれを使いトークンの振る舞いを決定する事で、ある DApps 上では価値がなかったものが、他の DApps 上では価値が高いものとして扱われるなど、トークンの価値が絶対価値から相対価値になります。「||||||」は、ドリコム新規事業開発部門「DRIP(ドリップ)」部が開発を手掛けています。

開発の背景

ERC721を初めとしたDAppsで使われているNon-Fungibleトークンは、移行や売買はユーザー同士で可能ですが、発行や破棄はDApps運営主体が握っており、従来の中央集権的サービスに近い形をとっています。またそのトークンは、発行したDApps内でしか価値を発揮できないものがほとんどです。そんな中で、発行や破棄すらもユーザー自身で可能な、かつトークンの持つデータは改竄不可能な、そしてどんな DApps でも利用でき、それぞれの DApps で価値が変化する、より柔軟で自由なNon-Fungibleトークンがあれば、既存のDAppsが提唱するトークンエコノミーよりも広い世界を創れるのではないか、という想いから開発しました。

特徴や利用例

特徴

  • 誰でもトークンを発行/移行できる
  • ||||||は誰がどのトークンを所有しているかを証明する
  • ||||||はトークンの発行元を証明する
  • トークンは||||||に対応したDApps間で利用できる
  • トークンは発行時に任意のデータを付与でき、そのデータは発行後変更できない
  • 各DAppsは不変なデータを元にトークンの振る舞いを決定できる

利用例

  • あるゲーム系DAppsでは弱いキャラクターとしての価値しかないトークンが、他のゲーム系DAppsでは強いキャラクターとして利用できる
  • あるDAppsで作成し利用したトークンを持ったまま別のDAppsを始めると、特典が受け取れる
  • デジタルアセットと紐づくトークンを発行でき、アセットの所有権を別の人に移行しても、発行元アドレスがそのアセットの作成者を証明できる
  • 発行元が不明なトークンの利用を制限できる

「||||||」公式ウェブサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧