仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社は、世界最高速の仮想通貨マイニングソフトウェア「Cryptknocker(クリプトノッカー)byGMO」を、本日2018年9月28日(金)より全世界に向けて提供開始しました。

目次

  • GMOグローバルサイン、マイニングソフトウェア「Cryptknocker byGMO」を提供開始
  • 「Cryptknocker」の提供と仮想通貨事業参入の背景
  • 「Cryptknocker」について

GMOグローバルサイン、マイニングソフトウェア「Cryptknocker byGMO」を提供開始

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社は、世界最高速の仮想通貨マイニングソフトウェア「Cryptknocker(クリプトノッカー)byGMO」を、本日2018年9月28日(金)より全世界に向けて提供開始しました。

「Cryptknocker」は、GMOグローバルサインが培ってきた、PKI(公開鍵暗号基盤)をはじめとする暗号化技術と、暗号化する際のデータ処理の高速化といった、認証局ビジネスの技術ノウハウを活かして開発した、Equihash(エクイハッシュ)アルゴリズムを用いた仮想通貨(Zcash)向けのマイニングソフトウェアです。

GMOグローバルサインは、本ソフトウェアの提供を皮切りに、仮想通貨事業に参入することになります。

「Cryptknocker」の提供と仮想通貨事業参入の背景

GMOインターネットグループでは、主力事業の一つとして仮想通貨事業を展開しています。2017年5月には仮想通貨売買・FX事業を、同年12月には仮想通貨マイニング事業をそれぞれ開始し、今年の6月からは、世界で初めて、最先端7nmプロセスのマイニング用ASICを搭載したマイニングマシンを販売しています(10月末出荷予定)。

昨今、仮想通貨のマイニングは、企業のみならず個人レベルでも盛んに行われており、マイナーの増加に伴って主要な仮想通貨のハッシュレートも上昇傾向にあります。マイニングの方法としては、専用のASICを搭載したマシンのほか、演算処理性能の高いGPUを搭載したグラフィックボードを使用する方法も主流となっており、特に個人においては、GPUによるマイニングが多く行われています。

マイニングの成功には、こうしたハードウェアの性能はもちろんのこと、効率的に計算処理を行うためのマイニングソフトウェアの選定も重要です。現在、主要な仮想通貨の基盤に使用されているブロックチェーンには、PKIをはじめとする暗号化技術が応用されていることから、GMOグローバルサインでは、認証局ビジネスで培ってきた暗号化技術、及びそのデータ処理高速化などのノウハウを仮想通貨のマイニングに活かすべく、マイニングソフトウェアの開発を進めてきました。

そしてこの度、Equihashアルゴリズムを用いた仮想通貨のマイニングソフトウェアが、世界最高速のハッシュレートの実現に成功したことを受けて、本日より「Cryptknocker」として全世界に向けて提供開始になりました。

「Cryptknocker」について

「Cryptknocker」は、Zcash(ZEC)をはじめとする、「Equihash<200,9>」アルゴリズムを用いた仮想通貨向けのマイニングソフトウェアです。マイナーは、事前にウォレットを準備しておき、「Cryptknocker」のサイトからソフトウェアをパソコンにダウンロードして起動後、poolを選択してコマンドを実行するだけで、マイニングを開始できます。マイニングに成功すると、その報酬のうち計算量の98%がお客様のウォレットへ、残りの2%が利用料(開発者報酬)として「Cryptknocker」のウォレットへ自動で入る仕組みとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧