仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年10月24日、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、資金決済に関する法律第87条に規定する仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会として、金融庁より認定を受けたことを発表しました。

目次

  • 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)、認定資金決済事業者協会として金融庁より認定
  • 新規の登録審査

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)、認定資金決済事業者協会として金融庁より認定

2018年10月24日、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、資金決済に関する法律第87条に規定する仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会として、金融庁より認定を受けたことを発表しました。あわせて、同日付にて自主規制規則を施行し、下記の事務所において、自主規制業務を含む全業務を正式に開始しています。

事務所所在地:東京都千代田区一番町 18 番地 川喜多メモリアルビル 4 階
電 話:代 表:03-3222-1060
苦情受付:03-3222-1061
電子メール:info@jvcea.or.jp
苦情受付:https://jvcea.or.jp/contact/form-contact/

自主規制ルールについて

自主規制ルールに関しては、利用者保護を最優先に、マネーロンダリング対策、取り扱う仮想通貨の制限、インサイダー取引の禁止、広告規制など幅広い内容が盛り込まれると言われています。

新規の登録審査

現在、日本仮想通貨交換業協会は、登録事業者16社で構成されています。新規の登録審査待ち企業は160社程あると言われており、日本経済新聞の報道によると、登録に向けて具体的に詰めている業者は50社程あるようです。まずはコインチェックなどみなし業者の登録可否が判断され、新規の登録が進んでいくものと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧