仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーン技術を活用したソーシャルメディアの運用・構築を行うALISと日本マイクロソフトが「Microsoft Tech Summit 2018」で投げ銭APIプロトタイプを公開します。今後は共同実験を一緒に行う企業・団体を募集し、仮想通貨やトークンによる投げ銭の拡大に向けた実験をスタートしていきます。

目次

  • ALIS、マイクロソフトと共同研究中の投げ銭APIプロトタイプを公開。実験パートナー募集開始
  • 共同実験パートナーの募集を開始

ALIS、マイクロソフトと共同研究中の投げ銭APIプロトタイプを公開。実験パートナー募集開始

ブロックチェーン技術を活用したソーシャルメディアの運用・構築を行う株式会社ALISは、2018年11月7日に行われる「Microsoft Tech Summit 2018」内のセッションで、日本マイクロソフトと協業で開発を進めている投げ銭APIのプロトタイプを公開します。同時に、今後このAPIを活用した共同実験に参画いただけるパートナー企業・団体の募集を開始します。

投げ銭APIプロトタイプを「Microsoft Tech Summit 2018」で公開

ALISと日本マイクロソフトは2018年9月4日に、ブロックチェーン技術の発展および、トークンエコノミーの実現加速を目指し、EthereumのPoAチェーンでの投げ銭API開発のための協業を発表しました。現在は Microsoft Azure上で、EthereumのPoAチェーンでの投げ銭APIを開発しています。その取り組みの成果として、本日開催される「Microsoft Tech Summit 2018」のセッション内で投げ銭APIプロトタイプを公開します。

共同実験パートナーの募集を開始

本APIを活用して、仮想通貨やトークンによる投げ銭を自社サービスに展開したいパートナー企業・団体を最大3案件限定で募集します。

共同実験のイメージ

  • Webサイトに投げ銭ボタンを導入し、ALISやその他トークンで投げ銭を受け付けることで、既存サービスとは異なるサイト運営費用や分析のためのデータを取得する
  • PoAチェーン上でトークンを発行、運用することで、自社サービスの継続的な発展につなげる
  • 投げ銭を活用したイベントやクーポンを作成する
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧