ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインを中心とした仮想通貨は日本よりも海外の方が浸透しています。投資はもちろん、決済手段としても浸透しており日本に比べ仮想通貨に抵抗がないと言えるでしょう。今回は日本でビットコインや仮想通貨が浸透しない理由を考察したいと思います。

目次

  • 世界中で使われるビットコインなどの仮想通貨
  • 日本円への信頼
  • 怪しいイメージの定着
  • 仮想通貨長者が少ない
  • 決済や送金ニーズは伸びない?投資が鍵

世界中で使われるビットコインなどの仮想通貨

ビットコインなどの仮想通貨は世界中で利用されています。投資はもちろん、決済や送金手段として使われることが多いのが特徴です。特に欧米は他国から来ている人も多く、手数料の安い仮想通貨は送金手段として非常にマッチしていると言えます。日本は人口も多いので決して取引量が小さいわけではないですが、海外に比べ決済や送金において使われるニーズは小さいです。日本は投資目的で仮想通貨を利用している人が多く、海外のように一般の人が決済や送金で利用するまでには至っていません。

日本円への信頼

日本で仮想通貨が普及しない背景には日本円への揺るぎない信頼が影響していると考えられます。とてつもないインフレやデフレになってしまい日本円が価値を持たなくなるとは誰も思っていません。何だかんだ政府への信頼も高いです。しかも日本円は非常に便利に使えます。あちこにATMがあり引き出すのも送金するのも簡単です。日本円での決済や送金に不便を感じたことがある人は少ないでしょう。海外に家族がいる人も少なく、海外送金をする機会も多くありません。

怪しいイメージの定着

日本では仮想通貨に対して怪しいイメージがあります。私の親も詐欺だと思っていたようです。これはマウントゴックスの破綻が大きく影響しています。当時は大多数の人がビットコインや仮想通貨の存在自体を知らず、マスコミもほとんどわかっていなかったため、報道の多くが仮想通貨自体をマイナスに捉えたものになっていました。実際は仮想通貨自体に欠陥があったわけではなく、マウントゴックスの不正が原因でした。日本円で例えると、銀行が不正で破綻したようなものです。銀行が破綻しても日本円が批判されることはないですし信頼は揺るぎませんよね。少々語弊があるかもしれませんが、報道によって仮想通貨のイメージが定着してしまった側面は否定できません。

仮想通貨長者が少ない

海外では仮想通貨への投資で長者になった人が結構存在します。最近ビットコインETF申請で話題になったウィンクルヴォス兄弟もビットコイン長者として有名です。こうした成功事例があると「私も!」となり投資したり使ったりする人が増えるわけですが、日本ではこうした長者がほとんどいません。いたとしても表に出ている人はおらず、積極的に調べるモチベーションになっている人が少ないと言えます。

例えば、FXで儲けている人は一時期マスコミに頻繁に取り上げられていましたよね。こうした報道を見てFX投資を始めた人は多いと思います。仮想通貨もこうした成功者が表に出るようになると、より浸透していくようになるかもしれません。

決済や送金ニーズは伸びない?投資が鍵

仮想通貨の決済や送金ニーズは現状小さいと言わざる負えません。日本円に不便を感じていない状況を考えると、急に伸びる可能性も低いでしょう。仮想通貨決済に対応する販売店は間違いなく増加しますが、日本人ではなくインバウンド需要を期待しての導入です。日本ではおそらくFXが歩んできたような歴史を辿るのではないかと思います。事実日本のビットコイン取引量は非常に増加しており、海外に比べ価格も高くなっています。投資をする人が増えれば、決済や送金も自然と増加していくので、仮想通貨のある生活が普通になっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧