仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソースとして公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」の第6弾として、「Pay@Table」のオープンソースを2017年10月30日(月)より公開しました。

目次

  • GMOブロックチェーンプロジェクト、店員を呼ばずにテーブル会計ができる「Pay@Table」を公開
  • 「Pay@Table」の仕組み
  • ERC20に準拠したトークンは全て取り扱い可能

GMOブロックチェーンプロジェクト、店員を呼ばずにテーブル会計ができる「Pay@Table」を公開


GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソースとして公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」の第6弾として、「Pay@Table」のオープンソースを2017年10月30日(月)より公開しました。

オープンソース「Pay@Table」は、飲食店などでの支払いにおいて、店員を呼ばずにテーブル会計を実現する仕組みのプログラムです。これが実現すれば、利用者は、伝票に印字されたQRコードをスマートフォンなどで読み取り、表示された金額(トークン数量)の支払いを許可するだけで会計を済ますことができます。店舗側も、お客様の帰りがけにQRコードを読み取ることで支払いを確認できるため、オペレーションコストの軽減が見込めます。

「Pay@Table」の仕組み

「Pay@Table」は、「店舗ID」「伝票ID」「利用金額」情報を含んだQRコードをハブに、ブロックチェーン上で利用者から店舗への支払い処理が完了できる仕組みのプログラムです。例えば、飲食店に来店した利用者の場合、テーブルに置かれた支払伝票に表示されたQRコードを読み取ることで料金の支払いができるため、店員を呼ぶことなく任意のタイミングで会計を済ませることができます。店舗側は、帰りがけのお客様から支払伝票を受け取り、QRコードを読み取ることで、ブロックチェーン上から支払い状況を確認できるため、会計時にテーブルとレジを往復する必要がなくなり、オペレーションコストを軽減できます。

また、支払い記録はブロックチェーン上に記録されているため、お客様の支払いや、店舗が支払いを受け取ったことなどを、第三者機関を介在せずに証明することが可能です。このように、飲食店との親和性が高いプログラムですが、その他の店舗やWebサービスなどの料金支払いにも利用できます。

「Pay@Table」を店舗で利用した際の支払いフロー

【1】店舗(飲食店など)は、ブロックチェーン上に店舗登録を行い、取り扱うトークンの登録と、法定通貨との交換レートを設定する。
【2】利用者は、「Pay@Table」に対応したユーザー向けアプリをインストールし、支払い用のトークンをブロックチェーン上にデポジットしておく。
【3】店舗は、注文を受けた際、「店舗ID」「伝票ID」「利用金額(トークン数量)」情報を含んだQRコードを生成し、支払伝票に印字するなどして利用者に表示する。
【4】利用者は、テーブルにある支払伝票に印字されたQRコードを読み取り、伝票IDと支払い金額を確認。
【5】利用者は、金額に誤りがなければ、トークンでの支払いを許可する。これにより、ブロックチェーン上にデポジットされた金額から自動で店舗への支払い処理が行われる。
【6】店舗は、お客様(利用者)がお帰りになる際、支払伝票を受け取り、表示されているQRコードを読み取って「店舗ID」と「伝票ID」を取得。
【7】店舗は、「店舗ID」と「伝票ID」をもとに、利用者の支払いが完了していることをブロックチェーン上で確認する。

ERC20に準拠したトークンは全て取り扱い可能

「Pay@Table」は、イーサリアムトークンの標準仕様「ERC20」に準拠しています。ERC20に基づいて発行されたトークンであれば、店舗側は全て取り扱い可能です。ERC20に準拠したトークンは保有者も増加しており、「Pay@Table」が普及すれば決済がますます便利になるでしょう。

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所「GMOコイン」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧