仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

10月31日、シカゴ・マーカンタイル取引所を運営する米CMEは、ビットコインの先物を上場する計画を発表しました。当局の審査を通過すれば、2017年10~12月期中の上場が実現します。この発表が好感されたか、ビットコイン価格は70万円を突破し、過去最高価格を更新しました。

目次

  • 米CMEがビットコイン先物を年内に上場
  • ビットコインは過去最高価格を更新
  • 機関投資家の参入が加速

米CMEがビットコイン先物を年内に上場

10月31日、シカゴ・マーカンタイル取引所を運営する米CMEは、ビットコインの先物を上場する計画を発表しました。当局の審査を通過すれば、2017年10~12月期中の上場が実現します。CMEは世界最大のオプション・先物市場であり、実現すれば仮想通貨の取引拡大は間違いありません。

CBOEも計画を発表済み

ビットコイン先物に関しては、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEホールディングスも年内の上場を目指すことを発表済みです。オプション取引所としてはCMEより歴史が浅いですが、S&P500先物やナスダック100先物など有名な商品を扱っています。

ビットコインは過去最高価格を更新

この発表が好感されたか、ビットコインは過去最高価格を更新しました。70万円を突破し、73万円程まで価格上昇しています。中国の仮想通貨取引所再開の噂やSegWit2xのハードフォークなど、他にも材料はたくさんありますが、この件が影響している可能性が高いと考えられます。

機関投資家の参入が加速

CMEグループは世界最大のオプション取引所であり、東京などアジア拠点も7ヶ所展開しています。CMEグループがビットコイン先物の上場計画を発表したことにより、機関投資家の参入が加速する可能性は高いでしょう。まだ認可に至っていないビットコインETFの実現にも弾みがつきそうですし、仮想通貨の取引拡大に期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧