仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

調査会社の株式会社マクロミルが全国の20~69歳の男女10,000人に対して、ビットコインの認知度や保有率を調査しました。さらに、ビットコインを現在保有している人に対しての調査も行っています。

目次

  • 認知度は高いが、意味は理解されていないビットコイン
  • ビットコインを購入したきっかけ
  • ビットコイン払いを経験した人は多い
  • 東京オリンピック開催の2020年、ビットコイン価格はどうなる?
  • まだまだ成長するポテンシャルは大きいか

認知度は高いが、意味は理解されていないビットコイン

全国1万人に、ビットコインを知っているかと尋ねたところ、「知っている」が31%、「名前を聞いたことがあるが意味はわからない」が56%でした。合計すると認知率は88%と高い結果ですが、意味まで理解している方は少なく、ニュースなどで名前だけ知っている方が多いのでしょう。

購入まで至った割合は少ない

実際に購入に至った人はどのくらいいるかに関する調査です。「現在保有している」人は2.7%、「購入したことはあるが、現在は保有していない」人が2.0%で、購入経験率は4.7%という結果になりました。認知度に比べ購入割合が少ないのは、まだどういうものなのかわかっていない方が多いということなのでしょう。

ビットコインを購入したきっかけ

ビットコインを現在保有している100名に、購入のきっかけと目的を調査した結果です。購入のきっかけで最も多かったものは、「仮想通貨に興味があった」と「ビットコインが今後普及していくと思った」が同率で42%。次いで「儲かると思った」33%、「新しいモノが好き」30%となりました。


購入の目的は「投資のため(長期保有)」が最多で、半数強の54%でした。決済手段として考えている方が意外と多い印象です。

ビットコイン払いを経験した人は多い

ビットコイン保有者に実店舗でのビットコイン払いの経験について調査したところ、「利用したことがある」と回答した方は47%にも及びました。投資目的で購入し利益が出たため、多くの方が決済手段としても利用をしたのだと推測できます。

ビットコイン決済に対応して欲しい分野・業態

今後、ビットコイン決済ができる店舗などがどういった分野・業態で増えて欲しいという調査も行っています。結果は「コンビニ」43%、「ECサイト」40%、「飲食店・カフェ」31%でした。日常的に決済利用したいニーズが高いことがわかります。

東京オリンピック開催の2020年、ビットコイン価格はどうなる?


現在ビットコインを保有している方に、2020年の東京オリンピック開催時点で1ビットコインが何円になっていると思うか予想してもらった内容です。調査を実施した2017年10月19日時点では、1ビットコインの価格が約63万円ほどでしたが、「60万円以上」と予想した人が52%、「60万円未満」と回答した人が48%で、上がる派と下がる派が拮抗しています。今の価格を考えると200万円以上になってもおかしくないと思いますが、意外に強気な予想をしている方が少ないとわかります。

まだまだ成長するポテンシャルは大きいか

今回のマクロミルを調査を見ると、ビットコインを購入した割合は少なく、まだまだ成長するポテンシャルが大きいことがわかります。決済手段として考えている方も多いことから、コンビニなどが対応することで購入者が急増する可能性がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧